僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう

以下は2014年末の紅白出場(13回目、曲目は「アポロ」)について
最近のカフェイン11での新藤の発言を文字起こししておく メモメモ
「続くか続かんかはともかくとして」、そりゃあ聞かないふりしとくのがいまは楽だろうけど、
1年後を考えるとこれは残しといたほうがいいとおもうんだよなぁ、そんな気分

※当たり前ですが、ラジオの文字起こしですので、
ひらがなカタカナ漢字の表記はわたしの趣味です


・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。


⚫︎14/12/29放送ぶん

(毎回楽屋に司会の方から差し入れが届く、という話に続いて)
「そういう時間も含めて紅白がすごい好きだなぁと思っているんですけれども、
まぁ15年で13回も出さしてもらって、まぁ、そぉうねぇ…その、
ほんとに、今年をもう最後だと思って、なんか楽しめたらいいなと思いますし、
来年は、なんだったらほんとに違うステージで、えー…なんか、立ってる大晦日っつうのもありだなぁと思うし、
全然、ハワイで、芸能リポーターに囲まれてる笑、かこ、囲んでくれるかなぁ、そんな大晦日もありだなぁと思いながら、
今年、ほんとに紅白を…ほんとに思い残すことなく、自分の中で、やり切りたいなと、思っております!」


⚫︎15/01/12放送ぶん

「でもねぇ『アポロ』、こう15年てまぁ自分らのなかでひとつの区切りみたいな、あーところがあるとして、
それでぇ、あーまぁ紅白は13回じゃけぇまぁあれなんじゃけど、
こう、まぁ、なんか、15年前デビューしたときに、
まぁ紅白とか出れたらいいなーみたいなことを思いながら、
あー出てきたじゃん、デビューしたり、デビューを目指したりして。
で、はじめて出れて、で、15年でまたこう15年前の『アポロ』をこうやるっていうの、
なんかね、ひとつの、自分らのキャリアのなかでひとつ達成したっていう感じがなんかすごいね、したなぁ。
まぁこの先続いていくかいかんかはともかくその、紅白の、あれは選ばれて呼ばれて行くもんじゃけぇ。
その、ポルノのなかで紅白という歴史が続くか続かんかはともかくとして。
なんか、ひとつこう、しっかり、区切りはつけれたなっていう感じはね、やりながら思いましたね。」
(紅白の録画はまだ見てない、CDTVは流れで見た)
「なんかまぁ、紅白はほんとにいい思い出でしたほんとに。ありがとうございます!」

(年明けの瞬間は移動車のなかだった)「まぁだいたいいつもそんな感じで。そんなバタバタと迎えるあの新年がなんか、好きですけどねぇ…」

(´-`).。oO(文字にすると「まぁ」「なんか」が多いなぁ


・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。


ついでに我が感想
2014/12/30 0:19
さっきのかへいれ、紅白のお話のくんだりについてメモ、以下は個人的な意見で、本放送で1回聴いた感想ね
俺たちはもう十分に味わせてもらったから、ここからは後進に道を譲ろう、みたいな。
うーん…なんというか、退き際は自分で決めたいんよ、っていうニュアンスを感じたなぁ
…こう書いてみると、逃げっちゃ逃げとも取れるけどさ。

退き際はここだって自分で決めるのも、求められなくなるまで食らいついていくのも、どちらも美しいんだと思うよ。
(もちろん、出るためにはオファーを頂かないといけないんだけれど)

まぁ以上はぜんぶ妄想のうえに成り立つ感想ですがね!!!こんなこと言わせといて来年は紅白→カウントダウン→ハワイでパパラッチでもいいのよ!!!


・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。・*。゜☆゜・。