ポルノグラフィティ 14th ライヴサーキット "The dice are cast" 追加公演 @大阪城ホール 初日(151221)

ツアー4本目、追加公演では個人的初日です!!
おとなりちゃんのおかげでアリーナ18列は新藤側!またしても康兵ちゃん真ん前くらいw
おかげさまでアルバム出たときからの念願が叶いました・*。゜☆゜・。良席ありがとう!

ちなみに、、、追加大阪は2days参戦だったので、
2日目の感想文とふたつでひとつみたいなところがあります。
こうして感想文を書いてみると、わたしの至らない記憶力では
初日の感覚が2日目の感覚で上書きされてるところもあって、
その一方で、初日の感覚が2日目も同じようにやってきたところもあって。。。
(2日ぶんをひとつにまとめようかとも思ったけど、そうするには各日での感想が多かったのでやめた)

というわけでご参考までに2日目のぶん

yellowsky.hatenablog.jp

あと、相変わらずMCは弱いです。*1
だれか書いてくれるだろうっていう他人任せっぷりごめんなさい

* * * * * * *

アリーナ公演定番の客いじりあった!…なんだよあるのかよ!w
今回のキャラクターはサイが3匹、わかりやすく「見んサイ」「聞きんサイ」「歌いんサイ」
それぞれ水色、オレンジ、ピンク(だれがどの色かは順不同)(…)のマフラーをつけてた。

オープニング
…やっとここを覚える余裕ができた
重なる女声コーラス(聖歌隊みたいな)のなかで、ときどき地響きとか雷鳴のような音がしてた。

「ANGRY BIRD」
アリーナ公演で左右に追加されたスクリーンにはメンバーのアップが映るんですが、そこに重なるようにラフスケッチのサイが歩いてる映像が流れてた。
左右のスクリーンで向かい合ってたみたい。

「俺たちのセレブレーション」
…実はこの日の時点で途中から泣けてきて仕方なかった。(追加大阪2日目、22日公演の感想文ご参照)

「Stand Alone」
いつまでも聴いていられるよなぁ
この曲は定期的にライブで聴きたいです。心地よい。

MC
新藤「大阪城?」→「ホール!」
新藤「大?」→「阪城ホール!」

「ソーシャルESCAPE」
たぶんここで思った、ステージ上のサイ、青色の分量が増えてない?

「ポストマン」
アリーナで聞こえた感じだと、自転車のベルで「えっ??」からの歓声が結構大きくて。
今日がこのツアーはじめてってかたも多かったのかなぁなどと。

「ワン・ウーマン・ショー~甘い幻~」
追加公演でのセットリスト変更その1。
ロマポル'14で聴いたときよりも、音源よりも、テレビでうたってたときよりも、
声に厚みが増してた。ぞんざいな表現をしてしまうと、うまくなってた。
いま読み返したら『WI?(ワッツイン)』9月号での岡野の発言にあったね。仰るとおりでした。*2
最後の囁きのところでスクリーンに映った岡野の横顔に、
もう何回目かわからんけど、あっこれだ、
これこそがわたしが13年前からずっとすきなひとだ、これを追っかけてここまで来たんだ、と思った。

MC

ジョバイロ
頭で岡野がやらかしたw ギターも歌の入りもトチってどんまい、頼むぞしっかりしてくれ
ナンチャンのシェーカーがちょう綺麗ねぇ、ってここでなかったっけ(…)

「螺旋」
これは…走ってたよなぁ、それぞれの音がバラバラだった印象。もったいない。
新藤のキラーフレーズもちょっと覚束ない印象だったなぁ。。。
そうギター、青いギター(PRS)(調べた)(買っててよかった『Player』)になってた、ツアー本編はレスポールだった…と思うたぶん
ギターの音がすごくシュッとした印象、尖ったというよりはスリムになったというか。

「ミステーロ」
イントロから更にアレンジしてるー…までで思考は止まり、開いた口が塞がらず、正直まったく聞いてない…

だって…なおとくん率いるストリングス隊がいる…いるよ……
あれは見紛いようのない金髪だもん…と思ったら耳からの情報でもそう思えて、おとなりちゃんにあんぐり、
それでもやっぱり信じられなくて、だってさーーーーーまさかさーーーーー(´;ω;`) ほんとにありがとうございます

だってさ、こうして来てくれるってことは、呼んだんだろうし受けたんでしょう?そのどちらの意思が欠けても成り立たないわけじゃん。
喧嘩別れしたとは微塵も欠片も思っていないけれど、なにかしらの理由があってしばらく一緒に鳴らしてなかったんだろうし、
その時間があったうえで、それでもお互い種種やりくりして、この形で同じステージに立ってるって、こんなうれしいことないよ。

「バベルの風」
呆然としつつも身体はリズムに奪われていく快感よ、ときどき呆然に戻ってたけどねw
激しく明滅してたのはサイについてるライトだよねぇ。
あっサイの境目じゃなくて皮膚についてたよライト

「AGAIN」
最初の「薄い乳色の朝もや」のライト、愛媛で受けた印象よりも結構ピンクが濃かった。
「Hard Days~」でも思ったけど、ストリングスが入ると音の厚み、深みが違うよなぁ

MC
城ホール公演20回目
Tamaちゃんと3人で行ったExtreme、隣で「あっあそこ間違えた」って細かい指摘ばかりしてくるTamaちゃん。笑

「メリッサ」
今回の完成系をみた、ちょっととちってたかなとも思ったけど、このままやればきっと大丈夫。

「Hard Days, Holy Night」
追加公演でのセットリスト変更その2。
ストリングス入ったアレンジバージョン、もーーーーーこの多幸感たるや!にやにやしっぱなし!
なんだかドームの「ラビュー・ラビュー」の感覚を思い出したよ。あのときもストリングスが入って一気に世界が開けたの!
それを象徴するのが出だしのピンク照明で、そしてサビではサイがクリスマスカラーに・*。゜☆゜・。

「Hey Mama」
追加公演でのセットリスト変更その3、うたったあああああああああ(^ω^)
個人的初日だった福岡の感想文で「まさかアリーナ公演でだけやるのか」って書いたけど、ほんとに追加公演でやったww
そしてアルバムリリース時からの願いどおり新藤側で聴けたー!ありがたやありがたや
曲がわかった瞬間にクラップの嵐!そりゃあそうよ
"strong"の発音が"すとろーん"だった。2回目は"すとぅろーん"だったよ。
曲終わりにはくわGのグロッケン(ジングルベル)がきれいに鳴ってました!

wataridori
こっからステージ上にLEDスクリーンが出てきた
大きいのに格子かけてるのかと思ったら、小さい正方形が集まってる?ホール公演で出てた短冊状のスクリーンはなかった

瞳の奥をのぞかせて
このアレンジだと歌詞を区切ってうたうから、何文字かずつ聞こえてくる(いけーないじかーんは)。
だから歌詞の意味(表面的なものですら)がわかるまでに時間も頭の回転も必要で、
それゆえに意味がわかったときの重みが増してたなぁ、と
先述のLEDでは、格子がかかった窓にかけられた水色のカーテンが揺らめくように見えた。途中からは水色とピンクのグラデーションに染められて。
あと、新藤が自分が弾いてないところでごそごそと落ち着きない様子で気になった。。。

サウダージ
あのさぁベースこれまた増してない???まじでこれ欲しい…もしくは時間借りしたい…ずっと弾いててほしい……

「Century Lovers」
でっかいサイコロがアリーナをごろんごろん!!!6個かな?
…結構こわくて近づいてくるたびにびくびくしてたチキンw この日は結局どんぴしゃりはこなかったけどッ
特に後ろから来るのはこわかったですw

「Good luck to you」
新藤が「おおさかああああ」言うた(^ω^)うれしいたのしい(^ω^)なかなか言うことないもんなぁ(^ω^)

「Ohhh!!! HANABI
新藤と森男の腿上げ継続中(^ω^)大サビの「どかん」で花火出てたよ~~~

「オー!リバル」
あのねぇ…そんなに気にしてないというか、消化したつもりだったんだけれどな。。。
自分でもびっくりするくらいにこう思ってたみたいで。それがこの日に爆発した。
わたしはリバルで紅白に行きたかった。かなしいというよりもむしろ、くやしい。

この曲だからこそ行きたかった、今年前半に自信をもって世に送り出して、今年後半にこうしてライブで育ててきた曲。
紅白という舞台でその成長を見たかった、そういうところを目指すべくして生まれた曲、そして送り出された曲だと思うから。

今年の紅白はないってことは、(もしかしたら去年から)既定路線だったのかもしれない、でも、それでも
それをひっくり返すだけの力がある曲だと思ったし、きっとひっくり返せると心のどこかで強くつよく信じていた。
(これはなんというか、サポーター的発想だとは思う)

もはやかれらの意思はともかくとして、わたしの意思としてかれらにこの曲で紅白に出てほしかったんだなって、気づいた。
もっと言うと、岡野の言うところの"ホーム"を作るサポーターとして、
わたしはかれらといっしょにこの曲で紅白に行きたかった。だからくやしくて仕方なかった。そうして今日もやっぱり涙が止まらなかった。

* * * * * * *

アンコール
「スロウ・ザ・コイン」
追加公演でのセットリスト変更その4。
曲前に岡野「わしらまぁまぁな曲数歌ってきたんじゃけど。彼もギター弾いたんじゃけど。」
「欲深い人たちね!」←こういうからてっきり「デザイア」かと!!!
「まぁでも一番やりたいんはわしらなんじゃけど!」………おい!!!さらっと名言いただきました!!!

この曲たのしい!からっとしてるなぁ
LEDには「PORNO THE DICE ARE CAST」とサイコロの絵文字が一文字ずつぱらぱら出てきて点滅してた!

メンバー紹介、nang-changが横ピースしてた!!!

「ジレンマ」
ソロ回し、康兵ちゃんのキーボードが鳴ったよ!!!*3上手花道にいた
ヴァイオリンがあると全然ちがうよなぁ!なおとくんソロで薄青照明って珍しいよねぇ。
ブリッジ後に真助と康兵ちゃんの間、ステージ真ん中を帰っていく姿、こうでなくっちゃ!

* * * * * * * *

セットリスト変更、こう書いてみるとしかるべくした変更*4だなぁと思いつつ、
わたしは「デザイア」という曲がとてもすきなので、この曲はもうしばらく聴けないのかぁと残念な気持ちもある。

でもこれでさ、追加公演ではアルバム全曲やったわけで。
言い方よくないけど、、、"捨て曲を作らなかった"というか。
アルバムからツアー(ライブ)を組み立てていく段階においても、ひとつのアルバムとして届けたい、
いまこのリリース時にアルバムの全曲を、ひいてはぜんぶを聴かせたいと思ったのかなぁ。と。
それだけこのアルバムに自信もってるんだろうなって、こんなところでも思いました。

*1:だからわたしにライブレポートは書けない

*2:P.39ご参照

*3:この前の参戦だった愛媛公演では鳴らなかったの。笑

*4:ツアー本編の流れをそのままに、ファンが期待してる特別さ、そしてホリディシーズンらしさを盛り込んでる