読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<2017年1月の読書記録>

読書記録 ポルノグラフィティ・チーム

いらっしゃいませ2月、っていうほどすきな月でもないんだけど。。。
でも「おめでとう」って言ったほうがよいらしいねぇ、おめでとう誕生月。

唐突に、ライフログのひとつとして、ここで読書記録をつけてみることにします。
ブクログをやってみたことはあるんだけど、どうも星をつけるのが苦手で…
手帳に手書きで書いてた年もあるんだけど、なんか味気なくてそれもやめてしまった。。。
それならひと月ごとにここでまとめてみたらどうかなぁと、ひとまずやってみます。
いつまで続くかは神のみぞ知る、そのうちカテゴリーごと消してるかもしれないw

というわけで2017年1月の記録。ちなみに、今月は数としてはたくさん読んだほうですね。

* * * * * * *

ビリジアン (河出文庫)

ビリジアン (河出文庫)

雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)

雨・赤毛 (新潮文庫―モーム短篇集)

まろやかな狂気―夢眠ねむ作品集

まろやかな狂気―夢眠ねむ作品集

※参考
yellowsky.hatenablog.jp

…一応読んだ順番に並べてみたんだけど、ここまですごく緑ですね

発光地帯 (中公文庫)

発光地帯 (中公文庫)

おめかしの引力

おめかしの引力

※以上2冊は再読

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

※2017.1.23 ON-AIR カフェイン11より
正月に、僕、南の島に行ってたんですけれども。(中略)
久しぶりに、何年ぶりでしょうかねぇ、沢木耕太郎の『深夜特急』をkindle電子書籍で、
1巻から5巻かな?*1まぁそのセットで売ってたから。
時間潰しにもなるだろう、久しぶりに読んでみようってそれを落として、読んだんです。
で、やっぱ名作で。読んだことある人はもちろんわかると思うけど、
香港からはじまって、インド、インドからロンドンまで乗り合いバス、まぁ東急バスみたいなもんですよね。
東急バスを乗り継いで。長距離バスじゃなくて、飛行機とかじゃなくて、乗り合いバスで行くっていう。
そのなかで、著者も何回も言いよるけど、それになんの意味があるのか、誰にも説明できないけど、それをやる、っつって。
んで、20万円くらい持ってったんかな?なんか仕事を、26歳んときに、26歳なの、そんときの沢木耕太郎は。
えっとルポライターみたいなことをはじめてたんだけれども、仕事が忙しくなりすぎて、
なんかこんなんじゃ嫌だって仕事を全部辞めて、お金をかき集めて、20万持って旅に出たんだけど。
その間、その5冊分の本を、(読んでる僕は)まぁ別にゆっくりしてるからね、南の島におるから、一気読みできたけぇ、
こないだよりも、前回、最初に読んだときよりも入ってきたんだけど。
一貫して言ってるのは、26歳という歳、が、やっぱ人生が固定してしまう恐れがある。
若さから大人になって、人生が固定されることを恐れて自分は旅をしてるんだ、
だからこそこの旅の終わり方っていうのがすごい大切なんだ、
だからその、20万円くらいでほんまにあんな旅できたんかなと思うほど、こう、一泊200円くらいのドミトリー、ベッドだけある大部屋みたいなとこ泊まって、
なんか100円くらいの飯食べて、切り詰めて切り詰めて進んでくわけよ。(後略)

* * * * * * *

というわけでなんとまぁこのタイミング、だってあと2週間、課題図書をもらった気分。その日のうちに本屋さんに走りました。
沢木耕太郎さんは初読なんだけど、割とすらすら読めてる。
後半の3冊も買いました。たのしみ。

*1:文庫版だと全6巻です