読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<2017年4月の読書記録>

こんにちは黄金週間。もう終わる?だいじょうぶあと1日半あるぞ!!!

* * * * * * *

自宅にて

自宅にて

数年ぶり…?に再読。
そこまでそんなつもりはなかったんだけれど、今回読み直して感じた。わたしという人間は、この本に大きな影響を受けているみたいです。
ポルノグラフィティというバンドのギタリスト・新藤晴一さんの
音楽雑誌での連載(2001年〜2005年)をまとめた本なんだけど、
はじめてこうやって通して読んだのがたぶん15のとき?16かも?まぁそりゃあ、大いに影響受けててもおかしくないわなぁ。

この本が出てから10年以上(!)経って、その間かれらの活動をひと通り追いかけてきて、そこでいま改めて読んでみると。
この連載の各回でのテーマが、その後に届けられた曲やライブにて別のかたちで表されてきてるよなぁって、ピンときたものがいくつかあって。
才能、戦争、青春、そして連載初回のテーマにもなっている、夢。

ちょっとこれには思うところがあって。
いま、かれらの口から出た「夢」という言葉を聴くと、
真っ先に13thツアー冒頭の演出のなかの一節("それでもまだまだ みんなと夢の中にいたい")を思い出すんだけど、
そこから派生してそのライブの「ミュージック・アワー」("君が夢を願うから 今も夢は夢のまま"

ポルノグラフィティ/歌詞:ミュージック・アワー/うたまっぷ歌詞無料検索


さらには同じライブの「Let's go to the answer」曲前のMC
「メジャーデビューを控えた僕たちはこれから先の世界に大いなる夢を描いていた」
「また大いなる夢をもって、進んでいこうと思う」

そしてその曲自体へも想いを巡らせることとなって("情熱は変わんないぜ 今でも因島 dreamin'")。

ポルノグラフィティ/歌詞:Let's go to the answer/うたまっぷ歌詞無料検索


あとこれもそうだよね、「俺たちのセレブレーション」のサビ("飽きもせずに夢を見る"

ポルノグラフィティ/歌詞:俺たちのセレブレーション/うたまっぷ歌詞無料検索


さらには昨年、岡野がMayDayに詞を提供した「Song for you」の最後の一行へ
"夢を見続けたいよ だから君に贈る Song for you"

Song for you Mayday 歌詞情報 - 歌ネットモバイル

(2017.5.14追記、もひとつおまけに、今年3月の台湾初ワンマンライブでの新藤のMCでも、「夢」についての話があったそうです)


かれらは夢を見つけて、夢をみて、夢を叶えて、
それでもまだ次の夢を探して、夢を手にして、夢をみ続けようとして、夢のなかにいようとして、実際にそうしている。
そうしてきたし、これからもそうしていくつもりである(と、示してくれている)。
なにより、そのことを折に触れて歌詞として言葉として、わたしたちに届けてくれている。

そのことをおもうとなんともいえない気持ちになって。
うまく言葉にならないその気持ちを抱えたままで続きを読み進めてたら、この本の帯にも入っている「嘘でも前へ」の回へ。

もうね、そんなの知ってたはずなのにね、めっちゃびっくりしたんだけどさ、そこでも出てくるんだよね、「夢」の話。
ましてやさっき最初に挙げた13thツアー冒頭の演出のなかの一節、これともうほとんど同じことを言ってる。
嗚呼、このころからもう、こんなことを言ってたんだよね…そうか…。
それと合わせて、その一貫性にも想いを馳せてしまうよ。
かれはあのころと同じようなことを考えていて、その結果としてこうやって活動を続けているんだ。いまも。
「終わってないからいろいろあるんだ。」

あーーーー、とてもしあわせなファンですね。わたしたちは。

* * * * * * *

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)

「グラフィティアートの現場 II」の後半(文庫版でP.380の最後)、
ポルノグラフィティのファンとしては目を止めざるをえない一節が。
"僕らはまだどこかに帰れるかなぁ"

* * * * * * *

さてと。では行ってきますよ、待った待ったスガフェスじゃーーーーーーー
(おそらく)数曲聴くために四国からさいたままでって、よく考えたらまぁまぁおかしい。来たけど(^ω^)
だってそれだけの価値があるんだよ、そのことに自信をもって、
なによりもたのしむ気持ちを忘れずに。行ってきます!