<2017年6月の読書記録>

いやーーーーー、おもしろい。面白い。
誤解を恐れずに言うと、娯楽小説としてこれほどに優れた作品を久しぶりに読んだ気がする。
もちろん、そのなかには含蓄や人生の機微も含まれているんだけれど。
全体的な明るい、快活なトーン(それは主人公のモエ子のキャラクターに拠るところが大きいんだろうなぁ)がすごく読みやすいし、
読むのが楽しかったです。さらっと一気に読めました。

帯がこれでさ。正直すごく手に取りづらかった。。。
この感じ、POPならよいと思うんだけど、これを帯にされたらちょっと手に取るのを躊躇うかな。。。
でも内容には同意できる、ドラマ化は別としても、ほんとに、なんでこんなに面白い小説が絶版になってたのか…!
そして復刊してくれて心からありがたい…!

その帯に怯みながらもこの本を手に取ったのは、
例に漏れずサニーデイ・サービスの名曲、「コーヒーと恋愛」がきっかけです。
読んでる途中はそんなに思わなかったんだけど、読み終わってからこの曲を聴くと、なんだかしっくりくるんだなぁ。
からっとした明るさ、ひょうきんさ、なんて言えばいいんだろう。。。通じるものがあるよなぁ、なんて

コーヒーと恋愛 - サニーデイ・サービス - 歌詞 : 歌ネット

* * * * * * *

6月は結局この1冊になってしまったなぁ。
もう1冊読み終えるかなぁと思ってたんだけど、予想どおりなかなかページが進まず、実はまだ読んでる途中。。。
まぁこういう月もあるさ。旅行とそれに伴う調整(主に仕事の)に重心を置いた1ヶ月だったからなぁ。
大阪経由で北海道へ行ってきたんじゃよ〜函館からの札幌(小樽も連れてってもらった)!!!!!
遠征じゃない旅行はいつ以来だろう…たのしかったし、勉強になった。うん。
必ずまた行くことを誓ってきたので、絶対にまた行きます。
だって会いたいひとがいるのだよ〜それだけじゃないにしてもね。