Dreamin' Dawn

ほとんどまぁまぁのポエム

ポルノグラフィティ 16thライヴサーキット "UNFADED" @ 静岡エコパアリーナ(181216)

前日のライブの頭3曲の時点で、どこかであと1公演増やせないかなぁとちらっと考えてて。
もろもろ計算した結果、この日に行くのが手っ取り早かったので、
当日引換券(いわゆる当日券)で行ってきました。
結果的には大当たりというか、ほんとに行ってよかったと心からおもう。天才。←ライブ終了直後の感想

というわけでスタンドはE2ブロック(上手側、ステージからの奥行きでいうと真ん中くらい)、最上段より。
おとなしく聴く観るつもりが通路横〜〜〜!(575)


* * * * * * *


暗転、たしか定刻より2分遅れだった
オープニング
女声でオペラのような歌、ところどころで雷鳴*1
紗幕がレースみたいな模様入りだった。総柄。
それに光線が当たることですりガラスみたいになって、
色がつくからステンドグラスみたいに見えるんだなぁと。


1.オレ、天使
昨日よりはちょっと冷静になれた…かなぁ。
曲頭のセリフはゾンビが呻くみたいな声になってた。
はるいちさんが1曲目からゴリゴリとギター弾いてて!
岡野は今日も「♪迫りくるぅー」で左手を挙げてた。
手のひらの形ははっきり見えなかったけど、たぶんグーからパーだったはず
曲終わりのセリフ、ほとんど音源を流してたけど、最後の「人生」は「"UNFADED"(粘っこく)」になってた。
その前の「またなき日かな」に重ねてもなにか言ってたけど…聞きとれず…「welcome to」だったかなぁ。
「♪旅立ちなんだ 街は荒野で 行くしかないよ 行くしかないよ」


2.A New Day
ギターソロで思った、この曲でも新藤がすごくたのしそう!
「♪そりゃ立ち止まったらなにも起こらないよ」


3.幸せについて本気出して考えてみた
真ん中に"UNFADED"のロゴ(たしか水色)があって、後ろにカラフルなお花とかの写真(?)がぐるぐる回る、
なんだかタイとかメキシコみたいなイメージ…
あっあれだ、ガネーシャ様みたいな!(マジスパの店内の様子が浮かんだ)
ワンコーラス目で新藤がこっちに来てくれる!あの膝を使いながら全身で弾く感じー!!!すき!!!
ツーコーラス目は岡野がこっちに!!!一緒に拳突き上げるのだいすき!!
ギターソロのとき、岡野が新藤のほうを向いて、膝をついて腕を伸ばして手をひらひらさせてて(紹介するみたいに)
これって珍しくない?そしてその場で(持ち場に戻らず)、ギターソロにノる岡野、これも珍しくない?
そのあとそのままそこで歌いはじめて、「♪小僧の僕」で客席を指差す岡野
「♪それとなく流れてゆく日々のそこかしこに 君がいて次々と溢れる気持ちを胸に」


MC
岡野「ワシらが!ポルノグラフィティじゃ!!!」
「今日は楽しんで帰りましょうよろしく!!」


4.東京ランドスケープ
「♪ここは静岡 エコパアリーナ 最高のランドスケープ」だったと思う
岡野が結構スイッチ入ってた。1サビ頭、「♪歴戦」とうたった直後、
右足を一回上げてからその続きをうたってた姿をよく覚えてる。
そして新藤がレスポールだったような。
「♪歴戦の強者達が立ちはだかり微笑んでる 早くここへ這い上がれ 違う景色を見せてやる さぁ早く」


5.ジョバイロ
タイトルはローマ字だと「Yo bailo」でした。
モノクロの映像、曲頭は靴と合わせてギターを弾く手のドアップ。こないだ公開されたギタマガ別冊の表紙を思い出すなど…!
頭サビのあとだったかな、オレンジと緑の照明!アウトロも同じ照明になっててぐっときた。


MC
岡野「このツアータイトルを!晴一さんに!説明してもらいましょうか!」
新藤「はい!」勢いがよいよ
新藤「(両腕をさすりながら)まぁ、ツアータイトルを説明させたら右に出るものはない」笑うわ

新藤「『fade』が色褪せるって意味ね。それに『ed』がついて過去形、そしてそこに『un』がつくと!」
\色褪せない!/(「否定!」って言っちゃった)
新藤「まぁ色は褪せていくもんで、そこに新しい色を乗せていくもんじゃけど、
たまにはこう過去の色を持ってきて、色褪せたかなぁみたいに」
ここ詳しくは忘れた、自信ない
岡野「そこに今日という色を乗せてくれたらと」
岡野「久しぶりの曲も、まだライブでやったことのない曲もやっていきますんで」

おう、こいこい(初日参戦者の余裕めいたもの)、そこからの


6.Swing
は??????へ?????
ここ変わるの???ましてやこの曲に?????
まぁ思考停止もいいとこでしたね
モノクロの空撮で打ち寄せる波の映像
最初と最後に「Swing」と白字で出る
照明は青かったような…

演奏もうたもね、音源の印象とは違ってて。
なんというか、当時の青くささはなくて、音楽としての完成度が上がってた。
もしかしたら曲を作った当時にも、
こういうふうに表現したかった、こういうイメージでつくったのかもしれないなぁって思うくらいで。
もしかしたら今回、当時のその意図に、技術が、表現力が追いついてきたんだろうかなぁと、
このあとの岡野のMCも受けての勝手な想像。


7.前夜
照明、黄色にオレンジが混ざってるから、濃い黄色に見えるんだ…!サビが濃かった
「♪今の僕にはなんにもないけど」で、両腕を思いっきり広げる岡野


8.ビタースイート
やっぱりあのイントロはもう、固まる
Aメロで黄色いライト、途中から白になる
Cメロは黄色の一色、からのギターソロが白い光線入り乱れ


9.Don't call me crazy
はい????まだ変えてくるの????(混乱)
とにかく緑照明の印象が強い…
サビのデスボイス(コーラス、森男が歌ってたところ)は誰も歌ってなかったような…?


暗転のちオペラのような歌、男声で。なんかカンツォーネみたいな
それがだんだんゾンビの呻き声みたいに変化していき


10.Zombies are standing out
曲頭のデスボイス緑の光線、ところどころ白、からの歌い出し!
やっぱりここでした、歌い出し、「♪Zombies」のところだけ緑一色染まるなか、岡野だけ赤く照らされる
後ろのスクリーンにはゾンビの映像、まぁまぁ恐かったです、、、


ピヨピヨ
岡野「ゾンビから小鳥ですよ。ものすごいギャップですね」せやな

岡野「今回、サブスク解禁でっていろいろ聴きなおしてみたんですけども、楽しかったんですよ。
こんなんあったんじゃっていう曲もあれば、これ表現できてないなぁいうんもあり*2、素晴らしい曲だなと思うんもあって。
そのなかで、俺これ大丈夫かっていう曲があって。なんちゅう歌詞を書いとるんじゃと。
この曲がはじめてこう、みなさんに音源として聴いてもらうことになって。(あやふや)
みなさんに聴いてもらうにあたって、一発ね、カマしてやろうと思うたんじゃろうね。
当時『ストーカー』っていうのが出てきて、その異常愛みたいなのをね!
書いてやろうと思うたんじゃろね。異常愛!」
←何回言うん。笑


11.見つめている(弾き語り)
2回聴いてみて、このバージョンも結構好きかも。くすぶってジリジリいってる感じが。
そしてギター1本でも緩急あるのがよいなぁ

岡野「次の曲は、創作者として("製作者"だっけ?ソングライターって意味で言いたかったんだと思うんだけど)
ひとつ自信になった曲
(みなさんの反応で背中を押してもらえた曲…?違うかも)


12.夕陽と星空と僕(弾き語り)
後ろが青くて岡野だけオレンジスポットの場面があって、なんだか岡野自身が太陽、夕陽みたいだった…


新藤が前に出てくる、上手寄りのステージギリギリでソロ
フレーズからして、もしや今日は「Truly」?えっそんなことある?と思ってたところで、
最後の一音を伸ばしたままひらっと翻ってセンターへ戻る、ああっかっこよい…!
暗いなか白のスポット、照明にピンクが混ざってたよ


13.didgedilli
ソロ回しあり!順番はたすく真助皆川さん須長さん新藤、だったかなぁ
須長さん!ゴリゴリのスラップ効かせてた!!!昨日はなかった派手さ!!!


14.カメレオン・レンズ
イントロとアウトロだったかなぁ、客席にも白いスポットライトがいくつか落ちる。
ステージからPA席に向かって縦列で。
Bメロでスクリーンに赤い線が3本、ひっかき傷みたいに見えた
2サビからかな、カラスかなぁ、鳥が飛んでいる映像。BEツアーのインプロビゼーションを思い出すなど。
岡野が割とサル状態、ちょいちょいうろうろしてた
サビ歌い出しで上着をひらっとはためかせててぐっときた
真助ちゃんのドラム、テレビで見たときにも思ったけど、こういう曲だとこういうふうに叩くんだなぁと


15.海月
曲頭からクラゲの映像、一面青で、サビで虹色に!
「♪じゃまぁで」昨日はしっかり聴けなかったけど、今日はちゃんと聴けたぁぁぁ


16.フラワー
照明のメインカラーはピンク(たぶん曲中ほとんどの場面で、どこかしらにピンクが使われてた気がする)、
そこに黄色とかオレンジが混ざっていく
曲頭からジャケ写のアザーカットだった(ジャケ写と同じ写真はなかったはず)


MC
岡野「こっからまだまだいきますよ!
(コールアンドレスポンス)スタンド!アリーナ!静岡!エコパ!」


17.オー!リバル
オレンジと緑…!ジョバイロと同じ照明じゃん…!
岡野が割とサル状態(2)
昨日思ったこととちょっと矛盾するけど、
なんだろ、ダイキャスのときと比較したら、表現の熱を落としてるわけではなく、
そのうえでさらに客席の盛り上げ(ハネウマとかMHみたいに)を意識してるというか。
まぁ岡野さんがだいぶうろうろしてましたね。


18.ジレンマ
これ、もしかして新藤のギターがほとんど鳴ってなかった…?
と思ったけど、このあとのMCを聴くと、たすくさんのアレンジの効果なのかなぁ。*3
なんだかベースがえらい聴こえてきて、ちょっと酔ったくらいで。
それでもはちゃめちゃにたのしかったから、この曲はおそろしい。(結論)


この曲のイントロのドラムに乗せて
岡野「今日という色を塗って帰ってくれー!」
19.パレット
映像、サビのところがパレットになってるね…!
スクリーンいっぱいに広がる白い四角のうえに、いろんなトーンの水色の丸があって。
これは水色の絵の具を乗せたパレットなんだなぁって!
真ん中には水色の"UNFADED"ロゴ!


20.サウダージ
照明は緑地にピンクの光線!!!この曲だった!!!(昨日の公演でもなんとなく記憶に残ってた)
考えてみたら、今回ってラテン色のシングル曲、3曲もやってるよねぇ。(ジョバリバルサウダ)
セットリストに「久しぶりにやる曲」「ライブでやったことのない曲」が多いぶん、
バランス取った…結果…のかなぁ。
そしてトランプ裏面の絵柄みたいに見えた映像!
ステージ上の5枚のスクリーンすべてに新藤の手元、続いて岡野、もっかい新藤、みたいに切り替わっていったよ


21.ハネウマライダー
前曲アウトロからそのままこの曲のイントロのギターへ。
相変わらず「Hey you!!」がアツイ。楽しい!


22.∠RECIEVER
映像の頭と最後、後ろを向いたくしゃくしゃ頭(たぶん明るめの色、長さはショートボブくらい)の少年?青年?
…懐古でごめんなさいね、"74ers"思い出しおばけが発動するよねぇぇぇ
岡野のハーモニカの説得力。やたらめったら鳴らすんじゃなくて、意思の込められた音。
曲終わり、真ん中スクリーンで少年の手のひらに書かれた"UNFADED"ロゴ、
それがアップになっていき、最後にあのロゴに変わる。
そう、ライブのはじまりと同じように、スクリーンには真ん中にツアーロゴだけが残る。

演奏が終わって下がるとき、新藤が高らかに片手を挙げてったのを覚えてる


* * * * * * *


EN1.Hard Days, Holy Night
曲前岡野「12月ですよ!」\おおっ!/
岡野「なんでそれでわかるん」
コールアンドレスポンス
\♪すぐに帰ってきて!/岡野「どうしよっかな帰ろっかなー」笑うわ


メンバー紹介
須長さん「昨日に続いて今日もめーーーーーーーーっちゃ楽しかった、楽しいです!」
岡野「そこは『すーーー』で言うてくれぇや。須長だけに、って言えんじゃろ」

皆川さん「これは毎回しゃべるの?」
岡野「さぁどうでしょう!今後の出来次第で!」
皆川さん「今日も楽しかったです。この思い出を胸に生きていこうと思います(的な)」
だいぶスケールの大きいことを言ってらした。笑

岡野「このすば、さばらしい!違う!
素晴らしいサポートミュージシャンたちに、いま一度大きな拍手を!」

岡野「オンギター?」\はるいちー!/←今日は呼ぶところがあった
新藤、サムアップして自分の顔に向ける。笑
昨日は呼ばれなかったぶんかな、うれしそう。笑

新藤「おれ、はるいち!(2回言ってた)」
新藤「今日のジレンマなんて、もう何十年、20年以上前の曲よ。なんならお前(岡野)が入る前からの曲よ」
Tamaの家で『こういうフレーズ弾いてくれ』言われて弾いたんよ。
まぁ今回、彼(たすくさん)のアレンジでそのフレーズなくなったけど」
笑うわ
たすくさんの言い訳(ごめんなさい聞こえず)
新藤「そんな曲だってね、俺らが続けてこられたからこうやって今も演奏できるわけで。
サウダージ』ぐらいで昭仁と殴り合いの喧嘩してやめとったら、この曲、今はもう誰も聞かんよ。
それをこうやってたくさんの人の前でできるのは、うれしいことだなぁと」
新藤「まぁでもその出だしのフレーズはね、伝統のフレーズはね、今回なくなったけど」
笑うわ

岡野はしゃべりはじめてからしばらく、右耳のイヤモニをずーっといじり回してた。笑


EN2.ライラ
曲前岡野「足踏みもいこう!みんなでエコパの床を揺らしてくれ!」
岡野「晴一、頼んだ!」

からの、新藤がちょっとギターを鳴らしたところで止める
新藤「ちょっと待って」オンステージ含めて全員がえっっっって
新藤「ワシらライブ終わってから反省会するんよ。そんなかで昨日の反省、「この曲を笑顔でやる』」笑うわ
「この曲のテーマは笑顔ですから」ハイ
岡野「最後の最後にプレッシャーじゃ」

岡野語り
率直な感想…歩き回る岡野が…ゾンビみたいだった……
「さわやかのハンバーグを腹いっぱい食べたり〜〜〜」←わかる
「オニオンソースじゃなくて塩コショウだけで食べるのがおいしいんじゃ〜〜
ってこれは夢なのか〜〜?(的な)」
←えっっっ?笑

ソロ回し
真助ちゃん、叩き終わったあとに両手で口角を上げる。笑
須長さん、名曲(忘れた…)のフレーズをアドリブで弾く
皆川さん、「残酷な天使のテーゼ」をアドリブで弾く
たすくさん、名曲(曲名わからんかった…)のフレーズをアドリブで弾く
…次はナンチャン、テルミンでどうするよ?と思ったら
笑顔でいつもの演奏!笑
からの最後にカメラに向かって狙い撃ち!!!すき!!!
最後にはるいちさん
岡野の紹介あり「残るはポルノグラフィティのギター!晴一!」
ガチのギターソロ、かっこよいやつ。笑
終わってから岡野「あなたが一番笑顔がないじゃないの!本気でギターソロ弾いて!」爆笑

生声は〜忘れた〜〜〜(開き直る)
新藤が「行ってきます!」って言ってたような。
これ聴けるのは、ツアー最初の会場に来られた特権だよねぇぇぇ


* * * * * * *


雑記
エコパ(っていう会場)って、音の反響がすごく大きいのかしらん…?
ライブはじまって数曲目*4、後ろ(左手)からうたや演奏とは違う、結構大きな音が聞こえてきて、
まさかだれかの携帯が鳴ってる…?と思ってしまい。苦笑
でもそのあと、セットリスト後半の曲*5でもまた同じような音が聞こえてきて。。。もしや。。。と思ってる。
まぁわたしの耳なので、、、あてにはならない、、、


というわけで、重ねて書くけど2Daysにして大正解でした。
もともとこのツアーは2Daysで行く予定がなくって、だからこそここで無理してでも行ってよかったと思ってる。
初日と2日目のセットリストを、こうして2日で続けて、セットで聴けてよかった。
初日の感想文にも書いたけど、
このツアーはちょっとわたしの理解の範疇を超えているので(ものすごくよい意味で)、
ツアー全体を通しての理解のためにも。
もっとも、その理解は至極個人的なものになりそうだけれども。

*1:「♪静けさと遠き雷鳴」…?特に意味はなく、思い浮かんだだけ

*2:上記の「Swing」の感想はここから

*3:そう考えると、おそらく同じアレンジだった初日、いったいなにを聴いていたんだわたしの耳…

*4:具体的には忘れた

*5:忘れた