Dreamin' Dawn

ほとんどまぁまぁのポエム

ポルノグラフィティ 16thライヴサーキット "UNFADED " @ サンドーム福井(190126)


はい!ポルノちゃんと同じく、5年ぶり2度目のサンドーム!
とはいえ福井はもう4回目…?もっというと、前回の訪問*1から1年も経ってない。笑

四国からって考えるとそこまで近くはないんだけど、大阪からはすぐだし、
なんとなく街の雰囲気が肌に合うし、ソースカツ丼はおいしいし、なによりサンドームという会場がすき!
ドームというだけあって丸いんだけど、見やすいし、音がよいんだよねぇ。

そして最大の理由は!毎回、そう今回もよい思い出かたくさんあるからです!!!
というわけでツアー4本目、ついにきました、
アリーナ3列目はA3ブロック、たすくくん正面というとっっっても見やすい席より!
先に一回言っておく、ありがとうございました。。。
座席の位置的にも岡野の話が多めです。さらにはポジティヴ勘違いが多発してます。あしからず。。。


* * * * * * *


開演前
ステージ横のスクリーン、映像は後ろから光(プロジェクターの光?)を当ててた

開演直前、スタッフさんが交代でスモーク用の液体(液体窒素?)を、
アリーナはステージと客席最前列の間に置いてある、黒い筒状の容器(おしゃれな扇風機みたいなやつ)に
どぼどぼと入れてはった姿が目に入った。

あとステージ上の紗幕、切り絵みたいになってる…?
この距離で見ると、なんだか立体的に見えた。*2


* * * * * * *


オープニング
暗転
女声コーラス
ジャン(ギター?)
雷鳴
ジャジャン(ギターとドラム?)
シャーン(シンセ)
ジャカジャカジャカジャカ(いろんな楽器)→真っ赤な照明、空砲、紗幕が落ちる
…たぶんこの順番だった、はず

新藤がひとりでギターを弾きはじめて!


1.オレ、天使
岡野が普段の立ち位置だった。静岡と大阪はもうちょっと後ろ(なおかつ上…台に乗ってたように見えた)だったような。
イントロのセリフはやはり「Lady's and Gentleman」しか聞き取れず。。。

割と淡々と、余裕綽々といったさまでうたう岡野、スタンドマイクでした。
引き続き、岡野の動きがやたらと印象に残ってるマン
「♪迫り来るー(パー)ぅー(指差し)」
「♪俺は(手を胸に)天使(手を上向きに指差しにしてそのままリズムを取る)
俺は(同じ)詐欺師(マイクを掴む)」
…言葉で表すのは難しいですね。。。


曲終わりに暗転したところで
たぶんはるいちさんだったはず、ギターを持ちかえるとき、弦に触って鳴らしてしまう
そしたらちょっと間があって(我慢してたのかな?)、
岡野が「ハハッ」って笑ってた、、、ちょっと、、、マイク乗ってたよ、、、
でもそれで緊張がほぐれた気もする。なぜならこのあと絶好調(絶口調)だったから


2.A New Day
映像の話、「PORNO」「GRAFFITTI」「NEW」が白いネオンで、
「UNFADED」「A」「DAY」がピンクのネオンだった、たぶん。
そしてサビで点滅してた気もする。気もする…

ギターソロは!黄色い!照明!
そうそのソロ、脱線気味ですが書きますね。
岡野がね、すごく楽しそうに音楽を聴いてて。
ギターソロだから自分は歌ってなくて、だからリスナー(観客)側になってたというか。
ステージの真ん中にはいるけど、演者として客席を煽るというよりは、どちらかというと客席で音楽を聴いているかのような、
聴こえてくる音に合わせて体を動かすというか、リズムをとるというか。
わかりやすくいうと音楽にノってた。そしてそれがすごくたのしそうだった!
このあとの「幸せについて〜」でもそうだったし、ほかにも何曲かでそんなさまが見えて。(具体的にどの曲だったかは忘れた、、、)
スロウテンポの曲でもやってたし、後半の盛り上がりゾーンは言わずもがな。

で、半ば個人的な話ですが。
そのギターソロの間、腕を上げていつものタイミングでクラップしてたんだけど、
岡野も同じタイミングでクラップしてたの、、、(普段はその倍のテンポでクラップしてる)
アウトロのギターソロも同じく…!
同じ音楽に同じようにノってる…!って感じられて、すごくすごくうれしかった


3.幸せについて本気出して考えてみた
たしか映像は真ん中スクリーンのみに出てた。
ツアーロゴがいろんな色(緑とピンクは覚えてる)に変わりながら、たぶん曲中ずっと出てた。
ロゴの周りが極彩色、曼荼羅みたいになるのは大サビだけだったかなぁ。
あとの場面は割とシンプルに、ツアーロゴとちょっと飾りがあったくらいだったかなぁ。

岡野がスタンドからマイクを外して、うろうろうろうろしてた。笑
ときどき客席を指差したり、拍手したりして。
そして目の前のお立ち台にも来る来る…!
指差しとかはなかったけれど、何回も目が合うし、一緒に盛り上がってる感じ…
なんかね。夢が叶ったなぁと。
この曲(ずっとシングル曲でいちばんすき)で、こうして一緒に盛り上がるのが夢だったんだ。

その一方ではるいちさん、ギターソロをみなちんさんの横(ナンチャンとの間)で弾く!ユニゾン
その間の岡野はドリンクスタンド前でノってた。メロディに合わせて指揮者みたいに腕を動かしてた。
途中でちらっと目にした真助ちゃんが笑顔だったーーーー(´;ω;`)うれしいっ

曲終わり、新藤が紫ライダース脱いでたうえに、インナーのシャツを肘上までまくってた。早くない?笑


MC
岡野「わしらがー!ポルノグラフィティ じゃ!!!」
岡野「今日はよう来てくれた!今年最強の寒波が〜って言いよるなかで!」

ほんまよ笑 冒頭の写真のとおり、 吹雪のなか来たわよ!笑
(余談、札幌にも仙台にも行かないこのツアーで、まさか雪対策を求められるとは思ってもみなかった…!)


4.東京ランドスケープ
「♪街は福井 長閑だけど、白銀のランドスケープ
この曲だったかなぁ。岡野がマイクスタンドをうまく使ってて(スタンドプレイ的な?)、ぐっときた。


5.ジョバイロ
たぶんこれまでの感想文で触れてなかったね、イントロでみなちんさんのソロあり。
たすくさん、1曲通してバッキングのジャカジャカ弾いてはるんやね…!


MC
岡野「会場の周りもね、のどかな、場所なのに」客席笑うわ
「のどかなところからこのサンドームがばーんって見えて、おぉ!って」わかる、テンション上がるよね
岡野「今年2発目のライブじゃけど」
えっなんかイベントとか出てたっけ??→あっそっか、カウントダウンか!まで考えたところで
しばらく話して岡野「あっ(新年一発目は)カウントダウンね!年跨いどるから、一応」

新藤「寒いね!」
新藤「外は寒いけど!ここだけは熱くなっていこうぜ〜〜(照れ気味)」
←たぶんここだった
福井といえば恐竜、福井駅前の恐竜の模型(?)
新藤「首がこう上がって(手首を曲げて腕を上げる)むぉーんって鳴くんよ」
岡野「オギャー!とかじゃなくて!」恐竜の鳴き声にオギャーという選択肢はなかった。笑
新藤「ガオー!でもなく」

岡野「今回、新しく一緒にツアーを回ってくれるサポートミュージシャンを紹介します!
まずはベース!スティング!宮本!!
レコーディングでは何回もお世話になってますけど、ツアー(ライブ?)でははじめて!
そしてキーボード、皆川真人!福井出身!」
ほぉぉぉっ!

・ツアータイトル
岡野「あんふぇ…あん、ふぇいでっど。その意味とかを!はるいちさん!」
新藤話す
「(サブスクとは)詳しくはWebで検索して!」えっうそやん
岡野「途中で諦めない!」笑うわ
新藤「(指を伸ばした手を水平になぞりながら)全部横並びになるわけ。
シングル曲が上でもないし、カップリングが○○
(忘れた)(たしか形容詞)なわけでもないし」

新藤の話が続く途中で
岡野「(はるいちさんの説明のグダリ具合を察して、客席へ向けて)ごめんちょっとこう、『おぉーー』とか言うてあげて?笑」
笑うわ、ごめんごめん笑
続けて新藤がなんかしゃべったところで(ごめん内容は忘れた)(…)
\おぉーーーーーっ/って言うよね笑
岡野「それはちょっとやりすぎじゃわ」なんやそれ!笑

これまでよりちょっと端折って説明終わり
新藤「20日ぶりの説明はうまいこといかんかったわ。。。
ギターは20日くらい弾かんくてもリハすりゃあなんとかなるけど、
右足と左足どっち出すんだっけとか*3
MCは、こう…普段の俺、二日酔いのまま歯を磨いてオエってなってる俺と、こう『晴一さん』の俺とがあったら、
『晴一さん』じゃないとやれん(進めん)のよ」

岡野「なるほどね笑」
新藤「いまこれ普段のまましゃべってしもうて」
岡野「まぁそういうわけで、今日という色をつけて帰ってもらえたらなと思います!」
新藤「お前なに最後うまいこと言おうとしよん」
岡野「えっ?笑」
新藤「『最後にいいこと言った!』みたいな」笑うわ
新藤「まぁね、言ってもね、みなさんも今日という色を乗せて帰ってもらえたらと思いますよ」
岡野「それわしが言うたんと同じじゃん笑」笑うわ
(どっちが言ったのかわからん)「もうえぇわ、曲いこう曲」笑うわ


6.Swing
映像は浜辺の空撮、空を飛ぶ鳥、星柄の布(はためいてるのかな?)
「♪赤いサンダル〜」の前で歌詞が飛んだね、この日はここだけだったはずだね
ナンチャンの赤いタンバリンってここだったはず


7.前夜
2サビ前、歌いながらごぞごぞしはじめる岡野
左手で右のズボンのポケットをごそごそ
…ハーモニカを手に取ってた!!!2サビは左手に持ったままうたってた


8.ビタースイート
曲前の暗転中(ほんのり青)、スタッフさんにギターを持ってきてもらう岡野が、
手を後ろで組んで待ってた(それだけ)
そのギター、あとでこの曲でのことだったと教えてもらったんだけど、
シルバーのトーンブルーのギター、かっこよかった…。

照明の話
Aメロ:赤照明に黄色スポットが上下に動く(すごい照明)
Bメロ:青照明に白いスポットが上下に
サビ:青照明に白と赤が点滅するスポットが動く
みなちんさんのコーラス…!ライオンもかなぁ?
今日はじめて気づいた、この曲では立って弾いてらして!なんだかアツかったなぁ


暗転して、さぁ次はどっちかなと思ったら…
9.ライオン!!!!!
歌い出しで真っ黄色の照明が全開だったはず
あとで確認したらこの曲だった、
「♪なんだかね〜」のところかな、岡野が歌いながら下手お立ち台の階段?を指差して、
たすくさんとかにアピールしてた(どうやらつまずいたのかな?)
ちょっと確かめてから登って2サビを歌ってたんだけど、そこでぱしっとオンステージの岡野に切り替わる感じ!すき!
最後のシャウトも結構出てた!!この日は喉の調子もことさらによくって、それがまた楽しそうだったなぁ〜〜〜


10.Zombies are standing out
曲頭の照明について
呻き声:赤
ギターイントロ:真っ暗ななかで新藤に白スポットが明滅→途中で緑スポットの明滅に変わる
歌い出し:「♪Zombies」だけ緑地のなかに岡野赤スポット。
その頭サビからシャウト混じりのうたいかたで。
でも最後の「♪の」だけ、なんだかそっと撫ぜるような、吐息混じりのような音に聴こえて、ぞくっっっっっとした
新藤がビタスイに続いてVタイプ!


曲終わりに暗転、
ほんますぐにピヨピヨと鳴りはじめる(新藤もまだ捌けてなかった段階で鳴ってた)


ピヨピヨ
岡野「ねぇ」ねぇって。笑
岡野「前のツアーに来てくれたかたはわかるかもしらんけど、小鳥のさえずりが聞こえてくると、わしは1人になるんよ。
そういう設定なんよ。別にわしが決めたわけじゃないんよ?」
笑うわ
岡野「ゾンビからの小鳥。生きる屍(?)から、こう、生命のすべてみたいな、
このギャップを楽しんでいただけたら」
なにを言っているのかよくわからないよ。笑


11.見つめている(弾き語り)
岡野「さっきもサブスクの話があったけど、いろんな曲が並列になって(指をひとつまみの形にして手を水平に動かす)」
「アキヒトくんこれはちょっと足りないねぇみたいな曲とか、
これは埋もれとるかもしらんけど、ハルイチと本間さん、やっぱえぇ曲書くねぇみたいなんとか」
「当時ストーカーみたいなのが出てきてね。屈折した、歪んだ、異常愛みたいなのを書いてみたんじゃろうね。
僕はまっすぐな人間なんですけど!」
「はじめて世の中に出る曲だったから、こう、カマしてやろうと思ったんじゃろうね」

しゃべってるとき、ベフニックのギターがビカーッと光ってて(反射)、それが眩しくてすき

岡野「みなさんにいいねと言ってもらって、曲を書いたり詞を書いたりするなかで、自信になった曲を」


12.夕陽と星空と僕(弾き語り)
「♪頬をつたう」のあとで大きなブレイクあり。(たしかこれまでの公演でもあった)
照明、スクリーンはずっと青と水色の間みたいないろ、岡野にオレンジスポットあり。
前で見たからかな、会場全体が明るかった印象

あとね、曲途中(それこそ大サビからだっけ…?)で岡野くんのアップがステージ上のスクリーンに映るんだけど、
顎髭が映ってた。気づかなかった…!
そうそのスクリーン、たぶんこのタイミングで端の2枚が出てきたはず!*4
このコーナーの前まではたぶん3枚しか使ってなかったし
(これまでに観たエコパや城ホより、会場が小さいからかなぁと思ってた)、
ピヨピヨの前に真助ちゃんたちが下手に捌けたとき、降りていった階段の位置に、この場面からスクリーンがあって。
(このあとに岡野が捌けるときも、もっと後ろの、端から2枚目のスクリーンとの間の階段から降りていってた)
だからたぶん、このコーナー前の暗転のタイミングで出てきたんだと…思う。たぶん。

余談だけど、この会場はこのツアーだと一二を争うくらいキャパが小さくて。
だからかなぁ。この日はステージ上のメンバー間の感覚も、すごく詰まって見えたんだよなぁ。
…まぁ前方の席だったことによる補正は否定しない。


13.didgedilli
イントロのソロ、ピッキングの安定感…!たしか白スポット
緑水色ピンクが等比率の照明、サビ(メインテーマ?)のところだったはず
ソロ回し切り替わりのチャランチャランチャランチャーララン(…)は薄めの紫水色混じりだったはず
ラストサビ前、黄色と新藤さん、からの転調?で、オレンジと新藤さん
それがもう、信じられないくらいかっこよかった、驚愕のかっこよさ


14.カメレオン・レンズ
イントロ、ステージ左右のスクリーン横ぐらいの高さから、客席に向けてまっすぐスポットライト、
青と緑の混じったライト!!これってBEツアーのときと同じ組み合わせだよね…?
アウトロ!新藤とたすくさんのツインギター!!!ちょうかっこよかった


15.海月
映像、「♪Hold on」のタイミングで泡が逆流*5
岡野が引き続き間奏で曲にノってた。この曲ではふらふらゆらゆらしてた。
たすくさんはシンセだった!!!ですよねー!!!


16.フラワー
全体的には黄色で、下のほうだけオレンジって照明があった、Cメロだったかなぁ…


MC
岡野「ここまでいろんな曲をお届けしましたけど」「まだまだいけるのか!」
\イェーイ!/
岡野「ハルイチさんのギターフレーズで!燃え上がらせてもらいましょう!」
新藤「いくぞたすくくん!」
たすく「はい!」


17.オー!リバル
個人的な、ポジティヴ勘違いの話をします。
うたい出しの「♪Soul & Soul」のところからアコーディオンが入るまで、岡野と目が合ってて(たぶん)。
岡野は左手(たしか)の人差し指だけ立てた、わたしはグーで握ったうえで、
ドラムのリズムに合わせて、同じタイミングで拳を動かしてたんだけど。
岡野が、途中から、手を拳に変えて、わたしと同じリズムで動かしてた。。。こ、これってミラー効果ってやつでは…?

岡野がジャケット(コート?)の左肩をはだけさせてたね…!
黄色い照明のなか、目の前のお立ち台に来てた。たふん2コーラス目だった…ような…
ちなみにインナーはTOGAの18~19AWのシャツだと思う。これね。
instagram.com

曲中にステージ前方で炎が上がる!何回か上がる!(頭サビ歌い終わりと、大サビ歌い出しは覚えてる)


18.ジレンマ
の前で岡野が上着を脱いでたよ
スティングさんが、スティングさんの音が、すごい、、、
ソロ回し、本数を重ねるごとに、どんどんシンプルになっていく印象。
2番で上手で寝転がって歌う岡野~


19.パレット
岡野「今日という色を塗るのはきみら自身じゃー!」←この言い回しってここだっけ?
メロは黒地に青い丸、サビは白地に青い丸←こっちが絵の具のパレットみたい!


20.サウダージ
スクリーンが1枚(上手から2枚目)、一瞬ブラックアウトしてた…、 ?
炎上がってた。1回だけ、小さめだった。
曲頭、スクリーンに映るメンバーの映像に、水面みたいなフィルターがかかってた。


21.ハネウマライダー
イントロでテープ発射!静岡はジレンマ、大阪CDはセンラバで。
そういえば今日飛んでないな…?機械はそこにあるんだけどな…と思ってたら!
4公演目にしてやっと降ってきたので、そりゃあもう夢中になりまして。
頭サビでずーっとテープを見上げてたんだけど、
Aメロでステージに目を戻したら、岡野が目の前のお立ち台にいました(^ω^)ごめんやで
そしたら皆さん夢中だったんでしょうね、
岡野に「タオル回してタオル」ってつっこまれるなどw 申し訳ございませんやで

サビで垂直跳びしながら弾くたすくさん!!
はるいちさん2コーラス目に下手側、歌ってたああああ
へいゆーは相変わらず!歌いながらも何回もくるっと回ってて、まぁ都度沸くよねー!笑


MC
一気にスモークが焚かれてた
岡野「今日という日が色褪せないものになったかと思います。
その色褪せない記憶を持って、また進んでいきましょう」

22.∠RECEIVER
ステージ上のスクリーンの周りに、客席に向けて細い照明が明滅。赤とか黄色とか緑とか、ランダム
「♪この目よ〜」で目を指し、「♪この耳よ〜」で耳を指す岡野

映像、東日本大震災の被災地とかもあったし、途中からは戦車とか難民キャンプ(おそらく)の様子とかも出てきた。

そしてちょっと脱線気味に、この日のライブ後にお話しながら考えたこと。
この映像で最初と最後にアップになるかたについて、
前回の参戦時には少年かな?と思ってたんだけど、この日は若い女性かな?と思ったんだよね。

途中(間奏だったかなぁ?)、5人の男女の後ろ姿が映る場面があったはずなんだけど、
その真ん中のかた(=冒頭と最後でアップになるかた?)、どうもウエストにくびれがあるように見えまして。。。
たしか並びも女男女男女になっていて、左右の男性2人とは明らかにウエストのラインが違うなぁ…と。
となると、真ん中は女性なのかなぁと。

ここまで書いてみて思ったのは、
もしかしたら、どちらともとれるように曖昧にしている(そういう人物を選んでいる)のかもしれないなぁ。
中性的というか、男女どちらとも取れるというか…
いずれにせよ、若者であるのかなぁとは思った。

そうなると、やはりその意図を想像してしまうんだけど。
観客の属性に関わらず「自分のこと」として捉えられるようになのか、
あるいはまったく架空の人物として(創作物として)描きたかったのか。
そして、これはお話させてもらうなかでなるほどと思わされたんだけど、
これからの時代(未来)を生きる「若者」の象徴なのか。
もしくは…?もうちょっと考えてみる。。。


曲終わり、左手に拳を作って高く掲げながら(ガッツポーズのように)捌けていく岡野
「♪綿密に練り上げられたconfidence」
なんというか、岡野はそれを手にしてるんだろうなと思った
新藤は左手を挙げて歓声に応えてたよ。
真助ちゃんも手挙げてたかな?拍手だっけ。
みなちんさんとナンチャンは会釈、ナンチャンは黒のモッズコートみたいな衣装…!


* * * * * * *


珍しくTシャツのことなど記録してみる
岡野ポルノT、新藤ツアーT
ナンチャン真助たすくツアーT、
みなちんさんスティングさんがポルノT?

岡野「アンコール、ポルノグラフィティ隠し球を持ってきました!」隠し球ァ?
新藤「さっきお前『見つめている』がどうこう言いよったじゃろ?」
岡野「うん」
新藤「わしでいうとこの曲がそうじゃわ。ほんま、なにを思って書いたんじゃろ」
岡野「この、ダジャレも効いた」(あっ)(邪険?)(もしくはもしかして?)


EN1.タネウマライダー
もしかした!!!!!
イントロで爆笑しましたね。しますね。
照明がラスタカラー!三色が一気に使われてたり、代わるがわるだったり。
2番Aメロ(「♪秘書室の〜」)が緑の照明だったのは覚えてる
岡野くん、ヘドバンのような動きをしていた…ような気がする
ピー!(ホイッスル)はナンチャンが吹いてた!1サビ2サビはわからなかったけど、最後の1回ではっきり見えた。


曲終わり岡野「みんなよう知っとるねぇ!」知っとるよ!笑
「知らん人もおると思います。歌詞をネットで検索してみてください」
「ちょっとこの人(新藤を指す)の人間性を疑うかもしれません」
やめろw
新藤「ペンが滑ったんじゃろうね」


メンバー紹介
ナンチャンのブーイングが少なかった(拍手が多かった)らしい
岡野「知らん人もおるよね!ナンチャンはブーイングなんです。
なんでかは知らん!説明するのは面倒くさい!」
爆笑

みなちんさん(福井出身)からひとこと
「(福井弁で)福井の人はシャイだと思ってたけど、すごく盛り上がってよかったです(的な)」
「今日の思い出を胸に生きていこうと思います!」
真面目か!それがよき!!!

岡野「まぁ人間性はともかくとして!ギタリストの名前を呼んでやってください!」
ハルイチー!/
新藤(ざっくり)
「音楽はじめたときに、ワシら田舎から出てきたけぇさぁ。
知らない土地で、待ってくれてるたくさんの人の前で、こうしてライブをやるっていう。
こういう光景が見たくてはじめたところはあるから」

…大阪で自爆したから、「ライオン」「ジレンマ」のくだりは外したのかしらん。笑

新藤「ヴォーカルのー?」\アキヒトー!/
「ヴォーカルの?」\アキヒトー!/
「あ、『ヴォーカルは?』か」\アキヒトー!!/
「ヴォーカルは?」\アキヒトー!!!/
岡野(ざっくり)
「今年一発目のライブ(あっもうそれでいくんだね?笑)で、いいライブになったので、
今年もいい年になると思います!
1999年にデビューして、今年20周年で。インタビューとかでも、ここまで続けられた秘訣はって訊かれても、
まぁ2人の絆があったからですかね〜?とかってごまかすんじゃけど。
ちょっと本気で考えてみたら、みなさんの求めてくれる声があったからこそで。
ポルノの新曲が聴きたい!ポルノのライブに行きたい!
これからもそういう声を届けてください」

…そう言われると、届けるしかないです。

岡野「さぁ!ライブはみなさんが主役です!」


EN2.ライラ
岡野が新藤に振ったあと、新藤がアナウンス風にしゃべる
「えーサポートミュージシャンのみなさま、
この曲はサポートメンバーの笑顔とともにお送りする曲ですので、よろしくお願いします」
笑うわ

「♪帰っておいで」で、両手で手招きする岡野…(´;ω;`)
この場面を思い出して生きていける…ありがとう…

ソロ回し、都度岡野のコメントあり
スティングさん:五木ひろしの「よこはま・たそがれ
岡野「(五木さんが)福井出身じゃけぇね」
みなちんさん:まったくわからん…と思ったら、ローカルCMの曲だったらしい
岡野「ローカルすぎてわからん!」
たすく:テツandトモ「なんでだろう」
岡野「福井関係ないじゃん!」
ナンチャン:カスタネットでうんたんうんたん、うんたんたん
岡野「ナンチャンはここ不利なんじゃ〜笑」
新藤:まさかのB'z!「ultra soul」!!!!!
岡野は割と戸惑ってたように見えたけど、
サビ最後のタイミングでは言ってた「ウルトラソウル!」ヘイ!!!(跳びました)

岡野語り
永平寺で修行して禅の心になったり〜〜
東尋坊から手叩きながら飛び降りるおじさんおるじゃろ?知らん?うそぉ?」ごめん、知らん、、、

岡野の締めジャンプ、下手から長めの助走をつけてた。軽く準備運動もしてた。
一回お立ち台に乗ってから跳ぶんだねぇ。
そして終わったあとにはドリンクスタンドに手をついて、足首ぐるぐるしてた。

最後の整列
足クロス、スティングさんはじめてで戸惑う。笑

新藤のご挨拶
「ありがと〜う!」って手を振りながら歩いてた。演説みたいだった。
ここだったか整列したときだったか、はるいちさんが手を挙げたときに見えたベルト、真っ黒のシンプルなやつでした。

生声(ざっくり)
はるいち:今日はいいライブだったので、皆さんも、ビールを飲んでよろしい!
あきひと:また来ます!家に帰るまでがライブだから、気をつけて帰ってねー!


* * * * * * *


映像に関して、今回思ったこと。
このライブって、スクリーン上にツアーロゴが出てる場面が多いなぁと思って。
書き出してみた。

・ツアーロゴ
MC中はたぶん毎回出てた。
オレ、天使/A New Day/幸せ〜/パレット/∠RECEIVER

ついでに、そういえば割と曲名や歌詞が出てる場面も普段より多かったような…?
というわけで思い出してみた。

・曲名
A New Day/ジョバイロ/Swing/パレット(曲頭にひと文字ずつ)/∠RECEIVER/タネウマライダー

・歌詞
カメレオン・レンズ(コーラス部分のみ)/フラワー/∠RECEIVER

…だからなんだって話なんだけど。
まぁそもそもこのメモの正確さも担保できないし(…)(いつものようにメモも取ってないので)

曲名はね、このセットリストだと、はじめて来た人には知らない曲もあるだろうし、
説明的な意味で出してたんじゃないかなぁと思うんだけど。
うーん、これまでのツアー(ライブ)で、これほど何度もロゴ(タイトル)がライブ中に、
ましてや視覚的に*6出てくることって、
わたしが知ってる範囲ではあんまりなかったはず。ロイフラとか…?74ersもあったかなぁ。
それくらい今回はツアータイトル("色褪せない")を強調したいのかなぁ。

そして書き出して気づいたのは、「∠RECEIVER」の映像にはツアーロゴも、歌詞も、曲名も、ぜんぶ出てきてるんだよね。

…だからなにって話なんだけど。えっと、特に結論は出てないです。苦笑


* * * * * * *


そのほか雑記。
たすくくんの衣装が、しまなみのときの新藤の衣装みたいなピンクのヒョウ柄だった。
あとみなちんさんがレンガ色のロングTシャツ?トレーナー?みたいな衣装。
スティングさん、マイクスタンドにiPad置いてた。譜面?セトリ?
衣装なのかなぁ、もしくはベースストラップなのか、右肩に反射材みたいに輝く蛍光緑のライン?が光ってた
真助ちゃんのドラムの台が思ったより高かった。スティングさんの膝のあたりまであった。
開演はほぼ押してなかったと思うんだけど、終演は遅かったのかな…?
MCがおもしろかったぶん、長くなったもんね。笑

今回、岡野がマイクスタンド多用してないかしらん…前からこんなに多かったっけ…?
ハーモニカを吹く場面が多いっていうのはあると思うけど。

というわけで、ご一緒させていただいたかたがたのおかけもあって、
ライブ前後も含めてほんとうにずーっとたのしかったです!よき思い出!!!
ありがとうございました。またどこかでぜひ~!!!

*1:BEツアー福井公演

*2:このあと床に落として、スタッフさんが袖から引っ張って回収してらしたそうなので、現実問題として難しいとは思うんだけど

*3:これはギター弾くときの足元のスイッチングの話だった模様、2019.2.25のカフェイン11より

*4:※追記:おそらくこのくだりは正確でないけれど、記録として置いておきます

*5:※追記:逆流というか、上方向に、上がってった

*6:曲名になってるとか、MCで話すとかじゃなくて