読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WORLD HAPPINESS 2011@夢の島陸上競技場

はい!
行ってきました夢にまで見た(つっても期間にしたら10か月ほど…なのか。びっくり)
ワールドハピネス!!!ワーハピ!!!

だって16組も出演者いるのに、
あんまり乗り気じゃないor観なくてもいいミュージシャンがほとんどいない!w
だからフェスなのに間どーしよーっていう悩みじゃなくて、休憩とれるかが心配だったというww
とはいえども、グッズ並んだりトイレ並んだりは十分できましたん(´ω`)

あ、あとびっくりしたのはステージの感覚がきちきちなことw
2ステージあるからメイン終わったらすぐサブ!出演者紹介のアナウンス!
(の前にはなぜかキーンコーンカーンコーーンのチャイムw)
これなかなかいいとおもうーなんのための2ステージって話だし、
こういうイベントって往々にして遅れるもんだもんね。
今回も…ね。笑 荒天でねwww非常に申し訳なかったです\(^o^)/

まず
前日に柏での激闘→渋谷で友人と落ち合い→友人宅最寄り駅近くで26時過ぎまでごはん→28時半就寝
それゆえに会場に着いたのが開場時刻の11時\(^o^)/
せっかくのAブロックなのにやる気あんのかとか言わないでww
さらにもう入口が混んで混んで…チケット切ってからが長かった…
結局場所取りが完了したのが開演時刻の12時半直前!お水一口飲んだら開演!笑
場所はラッキーなことに、うろついてたところでもっと前に行くために去った人がいて!
前から3ブロック目かなー?あの時間に入ったにしてはかなり前目(^ω^)
写真撮ったらこんな感じだった↓

IMG_8342.png


ではこっからは聴いたアクトについてぽつぽつと!
(聴いてない間はグッズ並んだり昼寝したりトイレ並んだりしてました)
あ、セトリはのっけてないですw 公式へどーぞ(手抜き)→

*******

◆OKAMOTO'S
とばすねーーー笑  まぁ幸宏さんもそれを狙ってたんだろうけど笑
爆発の二文字がこんなによく似合うバンドはないでしょう。
まぶしくて痛いほどの日差しのなかで単に爆音が聞こえてただけじゃなくて、
そっからなにかが発生してたなーと。
あとは…ハマ・オカモト(あのダウンタウンの浜ちゃんの長男です)にびっくりした。笑
802のDJやってるからなじみがあったんだけど、お顔を拝見したのは初めてでして。
…おおこんな顔なのか、と。笑 声からのイメージとは違ってたw別にいいんだけどねww


宮沢和史 as GANGA ZUMBA
すんません予習せずに行きまシータ…が、たのしかった(^ω^)(Part1)
宮沢さんなんてさわやかなの><
めちゃ涼しそうだった…長袖シャツ長ズボンにベストまで着てらしたのよーーーー
これは知ってたら踊れるねーフェスにぴったり!実際に周りの年上の方は結構踊ってらした!
そして高野さんの存在感!もちろん馴染んでるんだけど、でも目立つのねー!


Fennesz+Sakamoto
これは聴いてたというよりも、耳に入ってくるのね。それがちょうどよくて。
ただ…次はもう少し涼しい時間に…!


高野寛
高野さんの笑顔・*。゜☆゜・。
なにより「ベステンダンク」と「On the timeline」聴けたよぉぉぉぉ(≧∀≦)
これが本当に聴きたかったの!やってくれるかなーとはおもってたけど、どれだけ心待ちにしてたか!
そして「胸キュン。」ですよ。当然だけど、このフェスにおけるYMOの力はすさまじい。
「レコーディング中、これで今年のWORLD HAPPINESSでみんなをドカンと盛り上げようと思って」
っていう高野さんのMCにつづいてあのイントロを聴いた瞬間、
間違いなく会場全員のテンションが一段階上がった。
あーたのしかった!また聴きたいです素直に!
pupaのレポで書いたように、高野さんの声って最初はあんまりすきじゃなかったんだよなー笑
でも今は確実に手元に、いつでも聴けるところにないと落ち着かない。不思議。


スチャダラパー
すんません予習せずに行きまシータ…が、たのしかった(^ω^)(Part2)
っていうか行って知ったよボーズさんじゃん!← ポンキッキーズ!!(まんまこの世代です)
たのしかったーーコール&レスポンスは多々間違えたけどゆっるして><
そしてこの安定感と言いますか。自分たちがこの客席をどう盛り上げたらいいかを熟知してる。
しかし意外だった。出てきたのもまぁ意外だったけど笑、こんな直接的だとは。


◆KIMONO'S
一言で言うと、なんて破壊力のあるユニットなの。
ぜんぶぶっとばしていくよね。今までの記憶も感覚も、このひとたちが演奏してる間は全部飛ぶ。
でも決して不快ではなくて、むしろ潔さとか爽快感とかそういうものを残してゆくので、
ぜひまた味わいたい感覚です。
あ、「Mogura」はUstで聴いたことあったんだけど、
それとは全然ちがってたし、断然こっちのがよかった。アレンジもあるんだろうけどー
改めて生ってすごいねぇ


◆LITTLE CREATURES
ううぅぅぅうん…もったいなかった…
えっとここから雨が降り出したのです。。。すんません←
しかもそれがアクトの途中からだったので、いったん中断しちゃって(´・ω・`)
正直それで集中力切れちゃったかな。。あぁ正人さんのベースだいすきなのに…もったいない
それでも正人さんのベースは素敵だったんですが。。消化不良かな、、もったいないぃぃ


星野源
ここでも引き続き雨。。。でもかえってよかったのかもねーなんて←
雨の中での演奏が合ってた!似合ってた。
そして源ちゃん(言っちゃったw)客をうまいこともってくねぇ
唄でも演奏でもMCでも。笑
いやぁこれは人気出るわ。
そしてまた、人気出てもそのままで変わらなそうなあたりが人気出るわ。うん。よかった。


◆THE BEATNIKS
感想を一言で言うと、ビートニクスだーーーーーーー!笑
(回数はそんなにないはずなのに)耳になじんでた、
「6,000,000,000の天国」「大切な言葉は一つ『まだ君が好き』」「ちょっとツラインダ」
を聴けたからかなぁ   あ、あとこれだわ、
漣さん高野さんホリーごんちゃんもちろん幸宏さんてwそれどんなpupa(≧∀≦)
ゆえにメンバー紹介でホリー飛ばされるww 幸宏さん「ごめん、pupaでひとまとめになってた」ww

以下漣さんのはなし
スティールが活躍。意外と←
まぁギター4本(あれホリーも弾いてたっけじゃあMax5本…?w)になるし…笑
スティール→エレキ→アコギ→スティール
エレキでソロ(もちろんスティールも)あった(^ω^)
スティール、いつもより強めに弾いてた…気がする
慶一さんから紹介されてたーーーーーーーー
緑のストラップがアコギになってた
そしてなんーか顔色良くなかった気が…(′・ω・`)
あとそう!Tシャツ一人だけカスタマイズしてたの!
そーれーがーさーーー首周り切ってたの!なんて的確にわたしのツボを突くの←

キーボードなのに(その動きで)画面を揺らすホリーwwすきよ
ごんちゃん!の金管!あれのもたらす安心感ははんぱない
高野さん入る(※ゲスト扱いだったから途中から登場)と明らかに音が変わるんだよなー
もってる楽器は(既にステージ上にいる)ギターなのに!


サカナクション
行く前に「サカナかー(´・ω・`)」と複数人に言われていたので、
期待度は低かった、から"意外と"、よかった。
でもすき!とは言わないでおく。笑
その理由として大きいのが…あのさ、山口さんって、笑顔で唄うのね。笑
突っ込みどころが細かいかしらん。。。
でもさ、あの、曲調からしてMCならともかく、まさか笑顔で唄うとは思ってなかったので…

一番聴きたかったのは「アイデンティティ」(わたしの盛り上がれるノリだから)だったんだけど、
一番印象に残ってるのは「ホーリーダンス」。(シングル『アイデンティティ』のカップリング)
っていうかタイトル(と、サビ?のフレーズ)は「ホーリーダンス」だったのね。
ワーハピ当日も音源聴いたときも「Hold me tight」と「holynight」だと思ってたw
だからまずこの曲が引っかかった理由には、
この人がシンプルに「Hold me tight」って唄うのかーっていう驚きがあって。笑

それともう一つ、「オッオッ オッオオッオオッオオッオ」が引っかかってたんだよなー
こういうのすきなのかも。歌詞じゃなくメロディを追っかけるおんがく
アニマロッサ」の「ちゅーるっ ちゅっちゅちゅーる」然り。
もっとわかりやすく言うと、単にラララでもいいんだろうけど。

あ、ただ"すきな声で"っていうのはだいじ。
だってこれまんま当てはまりそうなのがSalyu×Salyuだけど…
ワーハピではラストスパートに向けてトイレ並んでたお←


YUKI
か  わ  い  か っ  た
以上。で締めたいところですがそれもなんなので。笑
んーとねーーー直截に書くと、調子悪かったかな(´・ω・`)
特に1曲目の「joy」は…結構外してた。。。
前日?前々日?にサマソニという過酷日程ではあったと思うんだけど(´・ω・`)
でもそれを吹き飛ばすくらいにか  わ い か   った
まずなにがって…「joy」のイントロで唄いながら出てきたんだけど…
なんと「TECHNOPOLIS」(YMO)の「TOKIOッ」って・*。゜☆゜・。かわいいいいいいい
そしてMCでいきなり「YUKI、自分に限界をつくらないことに決めたのっ」って言って
青のエレキギター弾きはじめた姿がもうね、かわいかった。(何度でも言います)
ちなみに衣装は白地に赤黄色水色で裾かのあたりに虹みたいなプリント入りのワンピース!
そりゃあもう!よく似合ってました(^ω^)


YMO
いままでいっぱい書いてきたけど。YMOのライブの雰囲気。
それを味わえたことがこのワーハピに行けたことに対してのとてつもない、
そして望んでいたぶんにぴったりの対価。
すごかった。わたしYMOがいる空間にいたんだよー!生演奏してたんだよー!それだけでもう。
まさに雰囲気に"酔った"。
そして「東風」のイントロがすきですきでもう。あのキーボードのフレーズ!

あとえっと…「NO NUKES/MORE TREES」は、ただただびっくりした。
教授があんな衣装着て旗振ってたのはわかる…というか想定の範囲内だったんだけど、
幸宏さんと細野さん…っていうかオンステージ全員が着てるとは。そこまで徹底するとは。

でも実は…わたし自身はそのことについてあまりなんというか…コメントはなくて。
なぜならこの時間は、目よりも耳から入ってくる音の醸し出す雰囲気に酔っていたので…
そのことがどうなのかは別として。ってまぁ、どうなのかとかどうでもいいのか。

とにかく、耳からの情報量ががすさまじくて、
わたしはただそれだけに翻弄されていました。たぶんそれがわたしにはしあわせなんだろうな。


*******

ふーーーー!書けたかけた!長くはない…かな?
でもでもフェスについて、たくさんのミュージシャンについて一気に書くって、
結構なエネルギーを使うもんだねぇ
(や、一日で書き上げたわけではないんですがw)

だから(いつかの自分を含めた)読んだ人にとって、
あの日をあの空間を想起させるものになってればなぁと…!
あぁともかく!ここまで読んでくださって、ありがとうございました。