読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動く、うごくんだけど

Image327.jpg
↑駅から歩いてて、こういうの見るとすぐぶわっとなる

Image328.jpg
↑こういうのとか

それだけは何回来てもそうみたい。笑
ユニのひと見てもそういう風になりはするけど、
アウェーでもスタジアムまでの道のりで絶対会うからね笑
やっぱりホームはとくべつ。だって"家"だもんー!



しかし今回は入るまでがたのしかったのであった。。。
いやぁ新横のプリクラ事情には閉口したけど笑、でもたのしかったのになー
またどこかで撮ってください(^ω^)

はいつれづれとかいてみました。そんな長くないけど!
って言っても今回はそんな偉そうなこと言えないな…言えないんだけどな…←
だって体調不良でぜんぜん跳べなかった…声もいまいち…
ほんとうに反省してます…
確かに深夜バスは久々でペース掴めなかったのはある、けど
そこまでに体調を整えるための努力はしよう。今回はそこがもっとできたはずだった。


はいではどうぞ。
うーーーーこれハマトラにあげてもいいかなぁ。どうしよーんn

まずは22番。ごめん正直に言う。
わたしはすごく恥ずかしかった。22を身につけててこんなに恥ずかしかったのはじめて。
選手引き上げたら即ユニ脱いだ。仕舞った。かっこわるいから。

だってあんなんじゃないんだもん。あんなんじゃないもん。
わたしは子供みたいにそれを言い続けることしかできない。



うーマムちゃん苦しんでたねぇ(´・ω・`)次節出停は痛いなぁ…
波戸ぽっぽもしんぱい。誰かがベンチにバツ出してるの初めて見た…心配…
っていうかそうそう、わたしが行くと負けるんじゃなくて、
審判運がないだけだとおもうんですがどうですか←


で、1番触れたいのはシュートのはなしで。
ホームで相手の倍打っといて1-3で負けるってどういうことそれ。

わたしも何回も悔しがったし、正直キレた。そんなのここに書くことじゃないか。ごめんなさい。


でも聞いてほしいのはその時の感じなの。今までになかったの。

わたし自身の声出しても出しても笑顔にはなれない歯痒さと、
選手の打っても打っても入らないもどかしさとがリンクしてさぁ
励まし励まされてっていうか、うーん

今まではなんだろう、選手より1歩前にいなきゃいけないっていうか
選手より先に前を向いて、引っ張っていかないといけない、そんな感じがしてて。
あ、鼓舞。鼓舞だ。鼓舞するの。
"上"から目線でってわけじゃなくて、"先"に"前"を見てね。

もちろんそれもすごく大事な役割だとおもうんだけど。
でも今回おもったのは
"鼓舞"だけじゃなくて、一緒にもどかしさに苦しむのもわたしにできることなんだなぁって
こういう一緒に闘ってる感じ、
手垢のついた言い方だけど「12番目の選手」って感じは初めてだったかも。


まぁ…それどんな妄想wお前が何したんだよwwwと思われても仕方ないくらいに
わたし自身がだめだったんだけど…
でもでもほんとにあれはそんな、そんな簡単に表現できるもどかしさじゃなかった
尋常じゃなかった



つぎーはとりあえずらいげーつーーーのエコパ!はつ!
あーでもきっと22にはあえないんだろうな。さみしいな。


…ながかったねごめんなさーい(´ω`)