ポルノグラフィティ 15thライヴサーキット "BUTTERFLY EFFECT" @ フェスティバルホール(180213)

3階5列真ん中ブロックにて。
個人的にはツアー4本目にして後半初戦、
ご協力くださったみなさまのおかげで参戦することができました。心から、ありがとうございます。

念願のフェスティバルホール(改修後)、評判どおりの素敵なホールでした。音の響きがすきだなぁ。客席の赤い椅子もすき!
しかしまぁ、相変わらず*13階席は高かった。笑 席に着くまでに何回エスカレーター乗ったか。笑
でも席にたどり着くまでもたのしくて!赤絨毯の階段はもちろん、ロビーの装飾も凝ってて、
この照明で遊ぶ感じ、味園ユニバースのような雰囲気を感じたなぁ。「大阪!!!」って感じ!(雑)

引き続き、これ以前の公演の感想文で触れた内容(重複する内容)は省いております。あしからず。
そしてMCにつけてる「(的な)」は、はっきり覚えられてないところです。。。
なんとなくこういうことを言ってたんだ、くらいでお読みください。


* * * * * * *


開演前
映像に関して、この日気づいたこと。
飛行機の隊列がF字型?に並んでた
飛んでるんじゃなくて、地上での整列、駐車場へ入るみたいに動くのを真上から眺めてるような
"BUTTERFLY EFFECT"の文字がバラバラで迫ってくる*2。ステージ横の白いライトが客席方向へ点灯。そのライトが青になる。
迫ってくるローマ字(並びはランダム…だと思う)をぼうっと見てると、なんとなく別の単語が浮かんできた。
この日浮かんできたのは「BLUE」と「YELL」。(この単語が浮かんだのは、このツアーに複数回行ってるからかもしれない)ほかにもあるかなぁ。
暗転
スクリーンにツアータイトルと都市名が出てくる
ドットの同心円状(追加グッズのロングTシャツ前面のイメージ)真ん中にツアータイトル、それを挟んで2人が歩く姿のシルエットが点線で描かれている


1.夜間飛行
1番サビは紫のライトが薄め、2番サビと大サビは明らかにそれより濃くなってた
スクリーン、てっきり前と後ろの2枚かと思ってたんだけど、
手前、真ん中(メンバー真上くらい)、後ろ(ステージのいちばん奥)の3枚あるわ、ほんまや…
(教えてもらってからはじめて実際に見て、びっくり)
前のスクリーンの間から覗く後ろスクリーンに映し出される映像が、水面にも見えたし、雲混じりの青空にも見えた。
この日がはじめてのお客さんが多かったのかな、客席の手拍子が割と多くて、ちょっとびっくりした。


2.LiAR
…セトリ変更って固まるよねぇ(その1)
この曲をリリース後に*3ライブで聴くのははじめてでした!
イントロで思った、この曲の新藤さんのギター、なんというかイキってるなぁ(^ω^)(※ちょう褒めてます)
そして間奏のソロが!たどたどしさが一切なく、口からならぬ、ギターからCD音源…!と思った そんなのはじめてよ
あと、これはこの会場の特徴もあるのかな、ベースがものすごく聴こえてきた。とりわけイントロ、びっくりした
そして歌詞、「♪僕が手にした鍵じゃどれも」ってうたってた!*4
これは歌詞間違い…というか、歌詞変更、元に戻したのかなぁ。*5
それとも最初にうたった歌詞が記憶に残ってて、ついそっちでうたっちゃったのか。
照明、赤だけじゃなくってそれにもびっくりした Bメロが緑やった
真ん中のスクリーンはツアー前半の「Montage」と同じように半分降りてきてて、映像が出てたんだけど、
なんというかイメージ映像って感じ。
モノクロと赤色だけの映像、曲頭で女性の唇(これだけ赤色)がアップに、
最初に一瞬だけ、メンバーかと思ってびっくりしてしまった。笑


3.真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ
なんというか、この曲で岡野の快復を確信した
「♪今日を超える明日へゆこう」の説得力たるや!あぁ、よかった、、、おかえり!
ドラムがよかったなぁ
ときどきブレイクのタイミングで照明も映像も真っ白な灰になるの、そんな風に思ってから毎回、観るたびに唸らされてる。うまいよなぁ


MC
岡野「僕はもう元気になりましたー!」(´;ω;`)おかえりー!
岡野「新しいメンバーを紹介します!ギター・tasuku!」
tasukuさん、メンバー紹介でいつも森男がやってるみたいなピースサイン
岡野「フェスとかでは一緒にやってたんだけど、今回のツアーから」「彼は広島出身です!福山の出身です!」
tasuku「僕はインフルエンザにかかったことがありません!」
岡野「ほんまに?」
新藤「それ(検査してなくて)わかっとらんだけじゃろう?」
岡野「あぁそれかもね。わからんで、1年に2回かかることもあるかもしれん!」
会場笑うわ
岡野「AとB、両方かかることもあるかもしれん」
新藤「最近Cっていうのもあるらしいよ」
岡野「やめぇや」 ※念のため、終始和やかな雰囲気です。

岡野「今回は"BUTTERFLY EFFECT"ツアーということなんですが、
ワシらももう18年やってきて、その18年の歴史があるので、そのなかから何曲かお届けします」


4.ワールド☆サタデーグラフティ
うれしい、セトリ変わらなかったー!!!!!(ここは変わると踏んでた)
曲頭に青色照明、クラップを煽る康兵ちゃんを目にして、この曲が聴けていることをより一層実感しました(突き指おだいじに)
「♪火曜日なのに雪だね、ここは大阪なのに1人じゃないよー!
(語尾違うかも)

…「雪だね」ってまた聴いてしまった(ツアー4本目にして3回目)(香川広島大阪)
このブロック終わりのMCで岡野「『ワールド☆サタデーグラフィティ』」ってまた言ってた(^ω^)
岡野「ほとんどライブではやっとらん曲」


5.ダリア
照明の色は香川や山口で観た組み合わせ*6と一緒だと思うんだけど
形が変わってて、後ろスクリーンの下にある(ステージ床面に置いてある?)ライトが上に向かってまっすぐ放たれてた
最後の「アウッ」言うた!!!
このブロック終わりのMCで岡野「これもなかなかライブでやっとらん曲」


6.リンク
イントロでこの曲ってわかったけど、まぁセトリ変更って固まるよね(その2)
Aメロかな、青多めの赤混じり照明!すき!!!
音源よりギター強めで、なんだかストリングスが薄くなるのを逆手に取ってるような。ロック感が増してた。
今回のほうがよいなと思ったし、たぶんそのおかげで、今回この曲の苦手意識が薄まったかもしれない。自分でもすごくびっくりしてるけど。
間奏とアウトロでさ、ストリングス入る前のところ、気づいたら自分が跳んでてびっくりした(推しジャンプ気味だったのは反省してる)
岡野、「♪わかってるのに」はちょっとキツそうだったかなぁ
ここのCメロかそのあとのギターソロかな、緑照明!!!この曲に緑もってくるかぁー!と快哉を叫ぶなど
大サビ前のドラム!真助ちゃんの色が入っててよかった


7.メリッサ
曲頭のロングトーンは調節してた。それでも同じように迫りくるものがあったことと、併せて書いておく。
間奏についてのわかりにくい話をします。
森男がソロで「ダンダダダダン ダンダンダダダン」→そこまで弾いたあとの一瞬のブレイクで岡野が「森男!」と呼ぶ→森男「ダンダダダダダン」
→間髪入れず新藤弾きはじめる、「ちゃーららっらっらー」→そこまで弾いてから岡野「晴一!」
曲終わりの岡野「そして『メリッソ*7』、『メリッソ』て!この曲何回歌ってるんや(セルフツッコミ)
サビが主に黄色ちょっと白っていう照明、なんかたんぽぽみたいだなぁって思った
アウトロは緑だった〜たぶん


MC
アルバムタイトルの説明
新藤「説明しよう!」このパターン━━(゚∀゚)━━!!! ついに聴けたぞぉぉぉ
新藤「『BUTTERFLY EFFECT』とは!!!…えーっと」なにこの落差。笑 客席笑うわ
新藤「最初は『DROPS』とか『RAIN』みたいたタイトルにしようと思ったんだけど、みんなで話し合って、えーっと、
ちっちゃい蝶が地球のこっち側で羽ばたくと〜(指をくるくる回して説明してた)
(のがこっからでもなんとなく見えた)

岡野「ここからはその『BUTTERFLY EFFECT』の世界に、どっぷり浸かっていただきたいなと思います!」


8.Working men blues
「♪涙を浮かべて」の「か」の音、音源と比べると音が違ってたんだけど、
でもそこがすごくよくて、なんというか哀愁みたいなものを感じた
Bメロが青照明、後ろスクリーンではビル群の夜景がアップ、モノクロ映像で


9.170828-29
曲頭の映像が変わってた、よりわかりやすくなってた。後ろスクリーンに投影される映像
これはロケット発射音?でも違うよなぁ?と毎回思ってたけど、映像で出してもらってはっきりした、ミサイル発射の音なんだね。
外国のニュースみたいな映像*8のコラージュ、一回「170828-29(の一部だったかもしれない)」の文字列が挟まれてたのを覚えてる
懐かしい話をすると、"SWITCH"ツアーの「Twilight, トワイライト」の曲前の映像みたいな。
ニュース映像のなかで「8/29」って日付も見た、水色帯に白い数字だったはず
最後にオープニングのツアータイトルと同じような字体だったかなぁ、「170828-29」
この日はイントロから新藤がめちゃめちゃノってた!あぁっわかるー!と思いながら全力でノリました。

そして歌詞に関して…どちらかというと、歌詞の解釈というよりは自己分析みたいになっちゃったんだけど。。。
以下、チラシの裏だから適当に飛ばしてね。

この日、「♪知らない惑星まで〜」って歌詞がなんだか引っかかって。なんでだったのかなって考えてみた。
ここの歌詞って、冷静に読むとかなり無茶苦茶なことを言ってる、言ってしまえば妄想で暴言だよね。
でも、そんな無茶苦茶なことをなりふり構わず願ってしまうくらいに切実で、
現状が切迫してるってことを表してるんじゃないかなと思ったんだ。

この曲の歌詞について、作詞者の新藤は
「もともとは(結果的には)ミサイルが飛ぶ前日に書いていて、でもミサイルが飛んだ日(=歌入れ当日)にだいぶ書き換えた(大意)」って言ってる。
つまり、ミサイルが実際に飛んだあとで聴かれる曲だってことをわかったうえで、この歌詞を書いてる(書き直してる)。

natalie.mu

で、なんで引っかかったのかって。
この曲を聴いてるいま、この歌詞を、もう単なる妄想やら暴言だと、
言うなれば"切り捨てて"しまえなくなってるからかなと思ったの。

だって、昨年実際にミサイルが飛んでるわけだから。
たとえば数年前にこの曲を聴いたとしたら、そもそも「ミサイルが飛んでくる」と歌うこと自体が無茶苦茶な話だったはずで。
そんななかで、ましてや「知らない惑星まで飛んでいって刺さって」だなんて。
そんな無茶苦茶なこと、あくまでも妄想でしかないし、なんなら「なんて暴言を」って言うところだった、そんなはずなのに、
おそろしいことにいま現在は、現実味が増してるというか。そこに違和感…というかおそろしさ…?そんなものを感じたのかなぁと。

そして新藤は、この曲が170829以後の、ミサイルが飛んできた世界で聴かれる曲だとわかったうえで、それでもこう書くんだなぁ、
「俺らの武器はピースサインなんだ」って、そう書くんだなぁって。

…うまく言えない。。。
ここまで考えてみて、ミサイルが飛ぶ前の歌詞も読んでみたいなぁと思いました。(…)


10.君の愛読書がケルアックだった件
…前曲に引き続いての曲前の映像、同じ映像でもその対比(というべきか落差というべきか)がすごい。
そのぶんだけこの曲の意味、大事さが増す気がするなぁ
という話とは別として、自分でびっくりした、イントロでわんわん泣いてたのw このメロディすっごく泣けるんだね…
映像のチョークアート、ギターソロのところで新藤先生が出てきてた(それ以外にも出てたかもしらん)
Cメロ、真っ青照明にチョークアートはポニーテールのミウちゃんソロ(横顔)、ど、どこの彩音さんかと、、、
やっぱり今日がこのツアー初回のお客さん多かったんだろうかね、ここまでも要所要所で歓声が上がってたし、
この映像もめっちゃウケてた。そしてこの曲サビのワイパーが一瞬迷って揃っていく感じもそう。


11.MICROWAVE
前曲終わり、あっそうだったここで暗転のまま映像…と思ったら!
これまでと違う音(断片的な音源)、そして映像(モノクロでミラーボール…!まさに星球じゃん!!!)
(ちなみに1曲通して映像は星球のみだったと思う、角度とか大きさは変わっていったはず)
きたあああああああ━━(゚∀゚)━━!!!・*。゜☆゜・。 そりゃあ「フゥー!!!」って言うてましたね
1曲ずーっとすきなように踊ってて(ビバ3階)、正直あんまり覚えてないんだけど、、、
薄い白の照明?薄く水色とピンクが差してたような、、、
岡野は音源と交代で歌ってた
岡野「♪まるで冷蔵庫」音源「僕の頭」、みたいに。だから「♪アンダーヘア」は音源でした(^ω^)
ちょいちょい(オカズみたいなところを)音源から変えてたなぁ。音源のつもりで踊ろうと思ったら音がなかったことがあった
アウトロも音が途切れて、どんどん断片的になっていく
そういえば、好き勝手踊ってるうちに、気づくと割とヒップホップ風のノリになってたんだよね。
新藤がリリース時に「リズム重視の曲」って言ってたけど、そのへんが関係あるのかなぁ。
そうだ自分用メモ、そのリズムに踊らされてちゃんと聴いた記憶がないの、Bメロの後半!
今度はちゃんと聴きたい!!!から!!!覚えといてねわたし!!!


森〜岡野のターン〜
岡野「…森じゃね」「わたくしは、いま、森におります」"わたくし"て
なお、前曲から森へのつながりはまだ見いだせていない模様
岡野「『ポリリズム』はそんなガーンといってパーっと歌う曲じゃないと」か、関西人の喋りかたや!笑
そしてそのポリ、違いがわかりやすくなってた…!正直、ツアー4回目ではじめてわかったかもしれない…
岡野「一歩引いて、わかりやすく言うと優しい感じで」


12.カゲボウシ
広島で気づいたけど、今回確信した、こうやって演奏されるこの曲、めっちゃよいぞ。(「よい」というのは「好い」ということです)
間奏のギター最後のほう、さっき「LiAR」で新藤のギターを「CD音源」って言ったけど、
誤解を恐れずに言えば、こっちは多分にゆらぎが含まれた音で、でもそれがすごくよかった。
曲終わりに暗転。


朗読、あるいはポエトリーリーディング(仮)〜新藤のターン〜
薄暗いなかで青い照明、新藤の朗読(仮)にどんどん音が足されていく感じかなぁ
スクリーンの詩、おそらく「」のなかも白抜き文字だった…はず

海底から「見上」げた魚は空を飛んでいて
空から見下ろした「鳥」は海を泳いでいる

たぶん鳥が飛ぶのを見上げる映像があって、海面を見下ろす映像(これがライブ冒頭「夜間飛行」の映像に似てた)もあった。

最初にドラム(真助)(割と序盤、まだ新藤が読んでる合間だったかも)、次にキーボード(康兵ちゃん)、それぞれ緑スポット
そして真打ちの新藤が弾きはじめるときは赤、だったような…
どこか颯爽と出てくる岡野、スタッフさんから受け取ったギターを担ぐ、マイクスタンドの前へ


13.月飼い
暗めの青に染まるなか、サビで一気に開ける感じ、黄色が3割くらいになる
そしてサビ後の間奏だったかなぁ、満天の星空みたいな照明!これがだいすき!
香川でこのツアーで最初に聴いたときにも思ったけど、やっぱりこの曲も過去のライブで聴いたときよりロック感が増してる。
…それぐらいで、全然冷静に聴けなかったことを報告いたします('-') 曲頭で座りこんでしまって椅子に腰かけるのがやっと


14.Part time love affair
「♪あいつに電話をかけちゃ ぃやだよ」このちっちゃい「ぃ」を入れるのがすきです
ハーモニカがどんどん好くなってる、けどもうちょいシンプルなほうが好きかな、、、


15.Fade away
ギターーーー!!!ギュイーンがなかった…ギター自体を変えてたっぽい…?よく見えず
これがやっぱり影のヘソじゃないかなぁ(そんな表現をしはじめると、もうなにがなにやらって感じやけど)
だってライブのたびにどんどん変わっていくんだもん、そして深く、かっこよくなって、聴きごたえが増していく
サビだったかな、ステージ後ろのライト(たぶんステージ上に置いてある)が赤色で、上に向かってV字×2セットになるように照らしてるんだけど
そのV字が重なって、大きなWみたいに見えた。真ん中の上もクロスしてるんだけど


暗転明けに新藤のあのギターの音、ステージ上をほとんど水色に染める照明
岡野「ここからは!希望のうたを届けたいと思います!」


16.Rainbow
えっっっっっっ
…セトリ変更って、固まるよね(その3)
ごめんね、この曲はすきだし思い入れもあるんだけど、
それでもどうしても、最初のセットリストでこの位置だった「ギフト」がわたしにとっては特別な曲でね、
それがここで聴けないのかと思うと、1番サビ前くらいまで呆然としてしまった…ごめんなさい
後ろスクリーンはマーブル模様(『渦』のジャケットを思い出した)みたいな映像、
その下で光る虹色の照明(何本かのライトがそれぞれ赤オレンジ黄色〜になってる)が
原色じゃなくて、ちょっとやさしい色で(パステル寄り、でも完全にパステルではない)、それがすごく好みだった!
これはフェスティバルホールの仕様なのかなぁ


17.ギフト
…というわけで、イントロのギターで号泣しました
いっこしか覚えてない、Cメロの「♪月夜に浮かぶ〜」のところ、
後ろスクリーン上のライト(小さめがたくさんあって、そのうちのいくつかが点く)、黄色く光るんだ…これに感激してまた泣いた


岡野「今日という日を、特別な1日にして帰りましょう!『THE DAY』!」


18.THE DAY
間奏で岡野と新藤のかけ合い、岡野は下から攻める感じ。2回目で上もいった。いってた。
でも2回で終わらせたのは、たぶん調節したんだと思う
ギターソロ終わり、前に出てたところから自分の位置に戻るために翻る晴一さんが、あーーーーー今日もかっこよかった 赤照明のなか


19.ハネウマライダー
あんまり覚えてない、、、
「♪Hey you!!」で客電がバッッッと点くの、なんか恥ずかしいけどうれしいよねぇ


20.キング&クイーン
曲前に岡野「みなさんに、覚えておいてほしい言葉があります。『強さとは、己自身を何度でも信じられること』」
こう、自分の詞を堂々とこういう風に提示してくれることがとても心強くて、
そしてどこか、いまのかれ自身に向けての言葉のようにも思われて、涙が出てきた

大サビで飛ぶ金銀のキラキラが、短い金銀テープ(たぶん)(現物見てないからなんとも)になってた。これは設備の問題か、片づけが大変だからかなぁ
個人的にはキラキラのほうがよいんだよなぁ…落ちるのもテープのほうが速いし(キラキラのほうが滞空時間が長い)
後ろのスクリーンにも、大サビからかな?舞うキラキラが映ってるし、これは今回のポルノTとも繋がってる?と思ってぐっときたし。
なにより、映像の最後、そのキラキラが集まってツアーロゴになるんだよ…実際にキラキラが舞うことで、そこにより大きな意味を持たせられると思うんだよ……

曲中の映像、ここまでの演出で使われてる素材が出てきてると思うんだけど、「MICROWAVE」のミラーボールと「カゲボウシ」の森があったような!


* * * * * * *


アンコール
岡野「新曲を!聴いてもらおうと思います!」


EN1.カメレオン・レンズ
…ここのセトリ変更はね、固まらなかったよ。予想してたから(^ω^)
歌詞が後ろスクリーンに出てた たしか黒背景に白字、明朝体かなぁ?
「♪君の愛は What color?」表記は”愛”か!”eye”でも”アイ”でもなく
「♪そこにはふたつの月がならぶ」表記、ひらがななんやな
音源がすごくすきだったんだけど、これライブで聴くとどうなるんだろうと思ってたからさ、ライブで聴くのもよかった。
とりわけフェスティバルホールだからかなぁ、低音の響きがすごくすき。
この日のアンケートにも、「音源より立体的に聴こえた」って書いてる

そしてこの曲も照明がすごい。あのすごいライト*9が半円のツートーン(イントロは青と緑)になって、くるくる回ってて。
2色が近づいたと思ったら離れたり、永遠に追いつかない追いかけっこみたいな。
と思ったらまさにこんなんですわ、このバナーのような。公式サイトより*10
ポルノグラフィティ|PornoGraffitti Official Site

あとこの曲かなぁ、、、ピンク5割、赤3割、オレンジ2割ぐらいの照明。
こう書くとどんだけ明るい、華やかな感じかと思うけど、全然そんなことはなくって。
この組み合わせでこんな色になるのかとびっくりした
もいっここの曲…のCメロかなぁ、暗めで白照明、ほんの少し緑が差すんだけど、
率直に言ってこわかった。「こわい照明」って言うとなんだかよくわからないけれど、こわかった。

曲終わりの岡野「この曲も、みなさま末長くお付き合いいただければと存じます(あれ?違う?)」


メンバー紹介
順番がtasuku→康兵→nang-chang→森男→真助、だったと思う。。。
下手端の大きいスピーカー前くらいまで捌けた岡野が紹介していくんだけど、
最初のtasukuさんのときに近くのお客さんから「見えないー」との声が上がり、
岡野が「もうちょっと前に」と呼ぶ→tasukuさん前に出てくる→その後、全員が前に出てくる流れに(^ω^)たのし!
でもたしか真助ちゃんはドラムセットから動かず、立って投げキッスしてた(^ω^)


新藤(ざっくりいきます)
「18年っていうと20周年っていうのが見えてくるんだけど。
20周年は目標ではないし、それを軽々と(?)超えていきたいし」

!!!!!おおっ20周年のその先まで!言ったなァァァ
「200m走で言うと、あと20mをどう走るか。
最初の20mと同じように走ってもいかんし、たとえば100m走ったところのカーブを走るんとも違うし。
そのためにフェスに出たりだとか、ツアーをしたりだとか、新しいこともしていかんといけんし」

岡野(ざっくりいきます)
「(前略)みなさんの熱*11や、笑ってくれる笑顔や、かいてくれた汗、そういうもんが最後のワンピースになってて。
今日はそのワンピースがしっかり入りました!
でもね、それが崩れんようにね*12、こう最後のコーティングをせんといけん。パズルが崩れんようにね、こう上から(コーティングを)。
そのためにはアホになることが必要です」


EN2.ジレンマ
メモ:イントロ、最初のワンフレーズは煽らないから自分のテンポで跳んで大丈夫!
nang-chang、最前のお客さんにテルミン弾かせてた!
新藤ギターソロ、ライトが赤と白!紅白!
岡野「今日のライブは完成いたしましたー!」


生声は忘れた、、、岡野が「大阪はなんちゃら」って言ってたような…(ひどい)

そういえば、今回岡野の衣装が2パターンあるらしいんだけど、今のところ4回とも紫シャツのやつだなぁ。
あとアンコール、岡野が追加グッズのロンT着てて*13、「お、おぅ…」と思ったけど、
五分袖くらいまでがっつり腕まくりしてて。そう着ればあれもアリだなぁ。(買うとは言ってない)


* * * * * * *


このライブの前日。
ありがたくも連続でお休みを取らせてもらってたので、康兵ちゃんの自主企画ライブ、"&K"にも行ってきました。

www.instagram.com

ゲストは真助ちゃんで、そしてシークレットゲストになんとまぁ、新藤晴一さん。

詳細はここでは省くけど(雑なメモ、おともだちで読みたいかたがいらっしゃればお声かけください)、
めちゃめちゃよい席に座ることができて、ありがたくもとても近くで堪能してきました。
それに対してこの日は3階からの眺めで、またその対比がたのしかったんだなぁ

そういうのも含めて、きっとずっと忘れられないであろう、だいじな遠征になりました。そしてますますだいじなツアーになっています。
はーーーーー、ほんとにこれしかない、ありがとうございました!
次は徳島・鳴門!四国でまたこのライブが観られるよ〜〜〜うれしい〜〜〜!!!!!


* * * * * * *


というわけで、個人的まとめ。
www.instagram.com


www.instagram.com

*1:前回、改修前に行ったときは3階席の後ろから2列目でした

*2:追加グッズのロングTシャツの袖のイメージ

*3:リリースされたバージョンで

*4:リリースされている歌詞は「目にした」

*5:この曲がリリース前、最初に披露されたときー横浜ロマンスポルノ'16にてーの仮歌詞は「手」だった

*6:Aメロピンク×緑、Bメロ青×オレンジ、サビは赤×紫

*7:正直、ここは3階真ん中だと語尾はあまり聞き取れず

*8:これは実際のニュース映像なのかなぁ

*9:「キング&クイーン」でステージ床面を照らすライト

*10:無断転載に当たるかもしれない…まずかったらご指摘ください…

*11:曖昧

*12:最初なんの話かわからず、首をひねってしまった

*13:新藤はジャケ写Tの赤だったと思う…